満ち足るを使用した俳句

満ち足るに関連した俳句の例をまとめました。

スポンサーリンク

満ち足るを含む俳句例

空は散るものに満ちたり菊膾/齊藤玄

茸山の浅き山にて満ち足れり/波津女

満ち足らふことは美し八重桜/富安風生

満ち足りて円筒に憑く碧揚羽/攝津幸彦

満ち足りて声もめでたき初雀/岡野洞之

夏草を抜き満ち足りし日暮なり/君島京子

夕湿める田廬の冬灯満ち足りぬ/飯田蛇笏

手の平に初日の恵み満ち足りぬ/中野三允

燗熱くして年の夜を満ち足りし/大西土水

ねんねこの小さき瞳の満ち足りて/鶴間俊子

夕べは鰈の煮付けに一家満ち足りぬ/高澤良一

満ち足りてトルコブルーの花を喰う/大西泰世

蛙の胃袋月あるのみに満ち足るや/磯貝碧蹄館

タイトルとURLをコピーしました