永平寺を使用した俳句

永平寺に関連した俳句の例をまとめました。

スポンサーリンク

永平寺を含む俳句例

永平寺の秋十句/河野南畦

永平寺東司の都忘れかな/堤保徳

日本曹洞第一道場深雪晴/上村占

凍つる音棟木を走り永平寺/関浩青

縦横に廻廊禅林露むすび/河野南畦

天懸る雪崩の跡や永平寺/皆吉爽雨

永平寺寒の朝粥をがみ受く/松本旭

蟹さくと門前街の片時雨/巌谷小波

雪の音警策の音永平寺/阿波野青畝

霧湧けば無絃の響永平寺/河野南畦

風花やわけて杉立つ永平寺/青木重行

どこまでが永平寺領冬の鵙/松本英夫

冬構ものものしさも永平寺/吉崎圭一

取あへず山吹咲いて永平寺/萩原麦草

大寺や山雨に覚めし總晝寝/内藤吐天

秋蝉の声澄む雨後や永平寺/宮下杏華

山の音深雪にしづむ永平寺/石原八束

永平寺奥のカーテン風孕む/攝津幸彦

雪の上に杉の花散り永平寺/田村萱山

永平寺松の手入も作務として/熊谷未翁

俳句例:21句目~

永平寺背よりむむと脱皮感/宮川としを

永平寺雲の翳さす障子貼る/川津ひな子

虫あまた仏のあまた永平寺/野上山椒子

春の風永平寺口を吹き来る/廣江八重櫻

水張りし田がせつせつと永平寺/原田喬

永平寺の松のつづきも霞曳く/大野林火

雪除を編むも作務なり永平寺/赤坂静住

ここらまだ永平寺領残る雪/上野たかし

永平寺一山あげて障子貼る/佐々木和子

永平寺いつまで残る雪ならむ/大橋越央子

永平寺廻廊の虻くしやみで飛ぶ/川崎展宏

埋み火のこもらふてゐる永平寺/伊藤敬子

摺り粉木のさやかに古りし永平寺/磯野充伯

大本山永平寺雪掻く音の低からず/橋本榮治

山風に落葉頻りや永平寺/還暦前後/浅井意外

白山の真清水引けり永平寺/野崎ゆり香「花鎮め」

タイトルとURLをコピーしました