耳を傾くを使用した俳句

耳を傾くに関連した俳句の例をまとめました。

スポンサーリンク

耳を傾くを含む俳句例

鳴禽に耳を傾け年の内/森ゆきお

耳傾むく北風より遠き物音に/林火

春禽の歌垣に耳かたむくる/縣美知

ほれ君も耳傾けよ青葉木菟/高澤良一

夏帽子喃語に耳を傾けて/菅野多賀江

耳傾く北風より遠き物音に/大野林火

耳傾げ聞く山寺の嗄るる虫/人見幾生

福鍋に耳かたむくる心かな/飯田蛇笏

崖ぼとけ耳傾けて秋の暮/阿部みどり女

長命の耳傾けぬ慈悲心鳥/阿部みどり女

行秋や耳かたむけて音はなし/高木晴子

波くれば耳かたむけぬ秋の牛/富澤赤黄男

山びこに耳かたむくる案山子かな/飯田蛇笏

新内に耳かたむけて浮いてこい/坂本タカ女

タイトルとURLをコピーしました