白粉を使用した俳句

白粉に関連した俳句の例をまとめました。

スポンサーリンク

白粉を含む俳句例

天人の白粉箱か富士の雪/勝女

鉛入り白粉美人杜若/桑原三郎

床ずれに白粉ぬりぬ牽牛花/木歩

湯煙りの白粉臭き朧哉/寺田寅彦

枝炭の白粉ぬりて京に入る/一茶

行年を紅粉白粉に京女/正岡子規

耳たぶに塗る白粉や春寒し/龍岡晋

白粉気抜けし花街鳥総松/岡部義男

白粉の水流しやる野分中/小坂順子

よき針の白粉白し針供養/岡本松浜

をとこらに白粉にほふ踊かな/篠原

御白粉の風薫るなり柳橋/正岡子規

髪置や白粉つけし艀の子/宇治五岳

傾城のお白粉はげて朝桜/正岡子規

白粉や落ちて霜踏む橋がゝり/了機

遣羽子や鼻の白粉頬の墨/正岡子規

お梅見の白粉厚き寒さかな/正岡子規

後の世は白粉筥の匂いして/滝口佳代

菊の香や白粉の香や酒五合/尾崎紅葉

桜咲てお白粉売や紅粉売や/正岡子規

俳句例:21句目~

白粉の咲いて黄昏どきながし/八木春

五月晴れ白粉焼けの昇天す/石原八束

牡丹の白粉はげぬ秋扇/阿部みどり女

六月やお白粉なする腋の下/正岡子規

白粉気なくて人柄秋袷/阿部みどり女

軽便の白粉くさく時雨けり/岩田昌寿

名月に白粉くさき伽藍かな/正岡子規

七夕や白粉にほふ野べの霧/松瀬青々

紅粉白粉と七夕姫の日半日/正岡子規

花三日お白粉くさき山路哉/正岡子規

お白粉の皿にうけばや花の露/正岡子規

お降りやほの~濃ゆき寝白粉/石橋秀野

白粉のとく澄み行くや秋の水/尾崎放哉

白粉の残りてゐたる寒さかな/吉右衛門

浴衣の紺刷く白粉の淡ければ/石塚友二

冬瓜の白粉も濃くなりにけり/宮川白夢

白粉の父鳴き砂に滅り込みぬ/攝津幸彦

寝白粉香にたちにけり虎が雨/日野草城

汗かきは紅/白粉に嫌はるる/筑紫磐井

御白粉に白うよごれし菫かな/正岡子規

俳句例:41句目~

秋風や白粉やけといへるもの/野村喜舟

白粉をつけなくなつて夏涼し/小坂順子

遣羽子の白粉散るや肩先に/飯島百合女

水無月やお白粉なする脇の下/正岡子規

斉飯に白粉匂ふほとゝぎす/殿村菟絲子

白粉のはげし稚児かな草の餅/大谷句佛

黒子に乗る白粉かなし花曇/田川飛旅子

海棠や白粉に紅をあやまてる/蕪村遺稿

齋館に白粉匂ふほととぎす/殿村莵絲子

井を借るや白粉剥げて桜人/長谷川零餘子

白粉ののらぬ汗疹となりにけり/日野草城

白粉を塗る不所存や蚊喰鳥/久保田万太郎

白粉吹いて全く枯れし巨木かな/鈴木花蓑

歌留多撥ね白粉の香にほはせっ/正林白牛

雁行くや白粉塗つて旅はじまる/栗林千津

薫風や白粉吐きたるなんばの葉/西山泊雲

牛の競売はじまるまでの白粉婆/上木輝子

かけもちの漫才白粉が浮く西日/文挟夫佐恵

白粉をつければ湯女や五加木つむ/高濱虚子

白粉気ぬきでひと朝河豚買ひに/鈴木真砂女

俳句例:61句目~

初日の出隣のむすめお白粉未だつけず/正岡子規

降る雪淋しがつて白粉をとくてのひら/大橋裸木

襟迄も白粉ぬりて田植哉/一茶/文政元年戊寅

看護婦白粉ぬつてゐる冬夜の病院の一隅/大橋裸木

山の子の夏沸瘡白粉はたきたる/滝沢伊代次「鉄砲蟲」

つぼ白粉時雨宿りに買ひもして/『定本石橋秀野句文集』

タイトルとURLをコピーしました