猪口を使用した俳句

猪口に関連した俳句の例をまとめました。

スポンサーリンク

猪口を含む俳句例

鍋焼や主が猪口の癖久し/尾崎紅葉

鯉のぼる猪口の水上幾代の春/露言

猪口の波そのまま口へ今年酒/角光雄

酔うて候この大寒の厚き猪口/石寒太

冷酒に澄む二三字や猪口の底/日野草城

南国の猪口はおほぶり新走/高橋ツトミ

猪口伏せて飯食ふ老や宵の春/河野静雲

花七分まこと守るべき猪口二つ/齋藤玄

鮟鱇やかげ膳据ゑて猪口一つ/飯田蛇笏

かげろふや禁酒地蔵の笠は猪口/鷹羽狩行

こころえて猪口とる雪の宴かな/飯田蛇笏

そゞろ寒猪口の小さきを鼻の先/角田竹冷

どん栗の猪口をかぶりて踊らばや/中勘助

ひと猪口の酒のこどもら虫送り/森田公司

二十日正月銚子信楽猪口丹波/土田祈久男

円山の雪寒紅の猪口に降る/長谷川かな女

枝豆に藍色の猪口好みけり/長谷川かな女

母描きし猪口に白酒みたしけり/稲垣光子

猪口に瑕あつてはならず春燈/鈴木真砂女

薬つぎし猪口なめて居ぬ秋の蝿/杉田久女

俳句例:21句目~

酒つげば猪口がつてんす春燈下/飯田蛇笏

小手寒く廻す轆轤に猪口あれ来/清水基吉

風花の諏訪や蕎麦猪口買ひ揃へ/宮坂静生

地酒注ぐ猪口も徳利も今年竹/黒坂紫陽子

そば猪口の端物買ひたる露伴の忌/半澤清隆

どぜうやの大きな猪口や夏祭/久保田万太郎

唇に吸ひよせられし切り子猪口/菱田ます子

老いぬればあたゝめ酒も猪口一つ/高浜虚子

一人猪口をふくみて夏のよき夕/久保田万太郎

三つまでうけたる猪口や桜もち/久保田万太郎

猪口ひとつづつあてがはれ避寒かな/満田春日

一ト猪口はート猪口と秋ふかきかな/久保田万太郎

タイトルとURLをコピーしました