自刃を使用した俳句

自刃に関連した俳句の例をまとめました。

スポンサーリンク

自刃を含む俳句例

強霜や若き自刃の墓十九/水原春郎

桐の花畢んぬ淀の自刃跡/大橋敦子

春月の自刃の廣場濤を聴く/古舘曹人

練炭もて点す線香自刃の山/井桁白陶

自刃せし菊人形の匂ひかな/仙田洋子

全山のかなかなしぐれ自刃跡/近藤一鴻

貼り替へて明るき障子自刃の間/森田峠

遺影秋深し自刃供へまつり/佐野青陽人

利休忌の自刃は闇のさくらかな/山本一雄

海女沈む自刃のごとき深さまで/大口元通

雪玉を投げて自刃の地なりけり/吉田鴻司

山茶花のうち崩るるは自刃に似て/高澤良一

自刃の間懐炉もつとも熱かりし/北見さとる

なまなまとばったのみどり自刃の地/鍵和田ゆう子

タイトルとURLをコピーしました