詩集を使用した俳句

詩集に関連した俳句の例をまとめました。

スポンサーリンク

詩集を含む俳句例

詩集より押花こぼれ籠枕/大島民郎

一頁づつ読む詩集小鳥来る/田村了咲

書初や親子と生れ詩に仕ふ/島田青峰

渋柿も熟れて王維の詩集哉/夏目漱石

美しき詩の想得たり春の星/羅蘇山人

読初や詩集の余白海に似て/和田西方

麦笛や藤村詩集誦みし日も/福田清人

初蝶や楽譜かたどる処女詩集/岡田貞峰

夢二忌の画集と詩集並べたる/小峰俊之

小町忌の褪せし押花詩集より/斎藤静枝

木苺のゼリーよ遠き日の詩集/大倉恵子

白桃に風くる父の詩集かな/大木あまり

竹に来てつるむ鳥あり詩仙堂/松瀬青々

詩集余白多し南風たかぶれる/田中英子

通夜の席の詩集の話花ゆらぐ/伊丹公子

長き夜の詩集のあとの聖書読む/長田等

風に任す昼寝の詩集余白嬉々/宮津昭彦

胸にまだ火事の火の燃え詩集買ふ/皆吉司

草餅屋金子みすゞの詩集売る/高松早基子

わすれていた詩集の紙で指を切る/土井博子

俳句例:21句目~

ベルレーヌ詩集に紅葉せる一葉/荻原都美子

小鳥来る未完の詩集編むやうに/斉藤まさし

カトレアの卓に詩集とウォークマン/橋本榮治

ラデイゲ忌の鏡に詩集文字さかさ/成瀬正とし

初冬の竹緑なり詩仙堂/内藤鳴雪、松浦爲王編

春を待つホームにうすき詩集かな/佐藤美恵子

画鬼詩魔に説く百日の安居かな/菅原師竹句集

詩集読む聴きし泉声よみがへり/鍵和田ゆう子

石垣の石のしめり/藤村詩集をひらく/勝屋ひろを

タイトルとURLをコピーしました