夕間暮れ/夕まぐれを使用した俳句

夕間暮れ/夕まぐれに関連した俳句の例をまとめました。

スポンサーリンク

夕間暮れ/夕まぐれを含む俳句例

涼しさや雷遠き夕まぐれ/冬柏

柊の花と思えど夕まぐれ/富安風生

稲咲いて天地惇厚の夕まぐれ/正雄

草市や燈籠白き夕まぐれ/子規句集

万歳や年のはじめの夕まぐれ/万太郎

炭売よ手なら顔なら夕まぐれ/炭太祇

友禅や祇園ざくらの夕まぐれ/中勘助

父孵る飛砂走石の夕まぐれ/夏石番矢

甲賀三郎植の木樅の木夕まぐれ/林桂

白梅や小桶乾ける夕まぐれ/野村喜舟

蔵王脊に蒜洗ふ夕まぐれ/蓬田紀枝子

釣忍友のまれなる夕まぐれ/二村典子

林檎むく妻とも違う夕まぐれ/高澤晶子

熟るみし麦ほの匂ふ夕まぐれ/田中冬二

散る花や青み渡れる夕まぐれ/石塚友二

とり肉並ぶ歓楽街の夕間暮れ/五島高資

尾が見え隠れ梅林の夕まぐれ/柿本多映

串柿ふく粉の夫婦の夕まぐれ/瀧井孝作

久に聞く鶉や丘の夕まぐれ/藤原たかを

春の戸を出て夕まぐれ針供養/高浜虚子

俳句例:21句目~

年の瀬の三日月淡き夕まぐれ/高木晴子

客出入ありつゝ梅の夕まぐれ/鈴木花蓑

怪しさや夕まぐれ来る菊人形/芥川我鬼

対岸の菜の花/此岸の夕まぐれ/仁平勝

枯菊やこまかき雨の夕まぐれ/日野草城

秋風にむかひて歩く夕まぐれ/清原枴童

草の戸を出て夕まぐれ針供養/高浜虚子

血が薄くなる脱穀の夕まぐれ/佐藤鬼房

姦通よ夏木のそよぐ夕まぐれ/宇多喜代子

寒天や夕まぐれ来る水のいろ/芥川龍之介

帰省子に繭を煮る香の夕まぐれ/塚原夜潮

一斉にもの食む春の夕まぐれ/沼尻巳津子

黒猫の花圃抜けてゆく夕まぐれ/丹羽啓子

ひつじ田に鴨の声あり夕まぐれ/遠藤孝作

藻の花や名もなき水の夕まぐれ/尾崎紅葉

かはほりの稚きさまも夕まぐれ/岸風三楼

とりあえず歩く羽蟻の夕間暮れ/五島高資

白芥子の波折りの風も夕まぐれ/文挟夫佐恵

大淀の野を焼ける火の夕まぐれ/鈴鹿野風呂

夕間暮れひとに背鰭の生えそうな/鎌倉佐弓

俳句例:41句目~

つぎ~に連れ翔つ鴨の夕まぐれ/鈴鹿野風呂

山の木の感情みえるその夕まぐれ/阿部完市

枯木抱きし手の結ばざる夕まぐれ/細谷源二

行水やひとのくらしの夕まぐれ/長谷川春草

萬歳や年のはじめの夕まぐれ/久保田万太郎

白さるすべり風に膨らむ夕まぐれ/渡邊千枝子

住み侘びて花の木の間の夕まぐれ/吉武月二郎句集

毒だみや十文字白き夕まぐれ/『定本石橋秀野句文集』

尼僧語る花サザンカはしきりなりイタリアの言葉に散る夕まぐれ/本田一楊

タイトルとURLをコピーしました