広野/曠野を使用した俳句

広野/曠野に関連した俳句の例をまとめました。

スポンサーリンク

広野/曠野を含む俳句例

旱星教会裏は曠野めき/三谷昭

鳰吹かるる岸の曠野なり/斎藤玄

鶯や広野あたりの夕霞/藤野古白

林檎剥く指も曠野の夕焼を/楸邨

沖よりの声は曠野に魂迎/斎藤玄

雲水の広野飛びゆく幾夏ぞ/齋藤玄

夕立や広野の中に牛一つ/正岡子規

春雨になるや広野の南風/正岡子規

曠野かな朝より蜂の針光る/徳弘純

島一つ見えず広野の青嵐/正岡子規

曠野来る冬将軍も耳赤し/中島月笠

焼残る広野の中の地蔵哉/正岡子規

年忘れ広野の鶴を見にゆかむ/樗良

霧ふかき広野にかかる岐かな/蕪村

父の忌や曠野を頒つ雪解川/宮田和子

十字街曠野の星をかかげたる/三谷昭

折々は雉子飛立つ広野かな/正岡子規

荒神墨の顔を曠野に向けて干す/林桂

折々に雉子飛び立つ広野哉/正岡子規

一瞬の広野暗きは椋鳥渡る/野納紫香

俳句例:21句目~

不眠曠野の狼でありし日々/小田弥生

今日も亦曠野の夕焼秋の風/相馬遷子

向日葵と没日曠野に相對ふ/今川凍光

初夢のつづく曠野に父のこゑ/石寒太

蟷螂や広野の風にうち向ひ/小杉余子

霾れる曠野を居とし遊牧す/柳村苦子

鉄色の曠野をわたる年の暮/石田波郷

アイダホの果なき広野鰯雲/利根里志

青柿の上枝に父の曠野見ゆ/佐藤鬼房

鳥帰る蝦夷の広野や集治監/正岡子規

広野拓きし人の墓かも野菊挿し/林翔

少年を曠野につなぎ冬ひばり/塚越美子

すさまじや曠野の雨を揚雲雀/野村喜舟

行く雁の腹を見上る広野かな/巌谷小波

冬尽きて曠野の月はなほ遠き/飯田蛇笏

蟷螂や曠野のゝ石に風の中/東洋城千句

昼貌の小さなる輪や広野中/松本たかし

鮭とんで広野の景の一変す/木村要一郎

花薊広野をめぐるミサの鐘/柴田白葉女

月に澄み日に澄む広野の冬泉/柴田白葉女

俳句例:41句目~

はた~やかくも広野の風無限/徳永山冬子

沢あまたありて広野や虫の声/岡本癖三酔

曠野にて梅は咲かむと揺るるなり/斎藤玄

甕積みし檣外枯るゝ広野かな/楠目橙黄子

空港につヾく曠野の麦の秋/久保田万太郎

脳といふ曠野をいまも鳥渡る/土橋たかを

ががんぼの帰路の往路の曠野哉/小原洋一

きれ凧の広野の中に落ちにけり/子規句集

たんぽぽや曠野の果ての野付牛/遠藤梧逸

軍用貨車染めて曠野の日が終る/細谷源二

鈴蘭の広野や吾を小さく置き/徳永山冬子

なやらひの眼あそべる曠野かな/飯田龍太

切れ凧に淋しく暮るゝ広野かな/藤野古白

北斗うすく広野の水に月上る/池内友次郎

厩当番貨車に曠野の日を見たり/細谷源二

駅凍てゝ曠野につゞく深雪かな/前田普羅

白菜を漬けて曠野に生きんとす/加藤楸邨

干菜湯に曠野の匂ひ少し嗅ぐ/上野さち子

広野にて梅は咲かむと揺るるなり/齋藤玄

月ささぬ曠野の雪を踏みにけり/松村蒼石

俳句例:61句目~

オキーフの広野に降りし夜露かな/仙田洋子

ねぢあやめ咲けり曠野に旅をすゝむ/望/鳥

初日とどく広野の月の落ちて行く/瀧井孝作

帰雁鳴き尽きず曠野の尽きざりし/依田明倫

山生みし曠野たらの芽どぐいの芽/長谷川かな女

嵯峨の雅困が閑を訪て/曠野行身にちかづくや雲の峰/蕪村遺稿

タイトルとURLをコピーしました