彳つを使用した俳句

彳つに関連した俳句の例をまとめました。

スポンサーリンク

彳つを含む俳句例

紙漉を見て彳めば暮早き/風生

影は身を出でて彳む夕蛙/齋藤玄

彳めば昴が高し花畑/松本たかし

僧ひとり門に彳む水鶏かな/麦水

卯の花や彳む人の透き通り/麦水

炭田に赤馬彳てり冬没日/三谷昭

藻の花に鷺彳んで昼永し/子規句集

紅梅に彳ちて美し人の老/富安風生

彳めば曇る眼鏡や陽炎へり/上村占

彳めば猶ふる雪の夜みちかな/几菫

秋風に彳む椎の落葉かな/会津八一

白鷺に子ありて秋の水に彳つ/誓子

夏帽子大桟橋の端に彳ち/西村和子

母の彳つ雪解雫を肩先に/細谷喨々

春の風心彳みをりにけり/後藤夜半

鎌倉の海見て彳てば栄西忌/関成美

腕組んで農夫の彳てり芋嵐/石川桂郎

リラと彳つ式部長官式部官/京極杞陽

彳みて林檎の花の四方の中/富安風生

亭に彳てば西山眠る姿あり/原田青児

俳句例:21句目~

人彳たせ人歩かせて山紅葉/嶋田一歩

初萩と思ひあたりて彳みぬ/後藤夜半

攫はれもせで彳める花の中/嶋田麻紀

春園や妻と彳つなる鶴の前/下村槐太

啓蟄や三鬼の海に誰か彳つ/石川桂郎

泣かされし子に彳むや若楊/永井龍男

遠足の子等に駝鳥が遠く彳つ/森重昭

仏縁や同じ落葉を踏み彳つも/栗生純夫

仲秋の彳まひとはなりにけり/後藤夜半

冬暁の岩に対ひて人彳てり/石橋辰之助

十薬に彳ちて己を宥さずをり/野澤節子

呆と彳つ草虱さへ死せる見て/石川桂郎

岬に彳つは流離のはじめ鰯雲/長谷川双

春動く地の方寸に彳つるとき/石田雄貴

枯芝に彳てば歳月なきごとし/西村和子

流氷に彳つ連ありて連のなし/石川桂郎

火事既に隣人門に彳てりけり/久米正雄

雪女彳たせし井水汲みにけり/石川桂郎

笹鳴や杭うちしごと人彳てる/橋本鶏二

不死男忌に彳てば三千院の雨/辻田克巳

俳句例:41句目~

酉の市いつか外れし闇に彳つ/久米正雄

中年の弱腰見られ蛇に彳つ/中村菊一郎

春は血の汚るるごとし水に彳つ/石川桂郎

夕暮の凍てゆくものの中に彳つ/高木晴子

百日紅釈迦の阿難のわれ彳つも/下村槐太

梅に彳つ磴のぼり来し息をため/西村和子

冬曉けの岩に對いて人彳てり/石橋辰之助

エノケンも心にありて萩に彳つ/富安風生

ばら色の人生知らず薔薇に彳つ/伊東宏晃

秋汐を犬と踏み彳ち少女期過ぐ/楠本憲吉

萩に彳てば脛打つ萩の勁さかな/久米正雄

母の彳つ高さを冬のはじめとす/長谷川双

花のもと小止みの雨に三人彳つ/石川桂郎

無花果に彳ちセザンヌを見し記憶/京極杞陽

汝をそこに彳たしめてよし秋海棠/富安風生

夕暮れの凍てゆくものゝ中に彳つ/高木晴子

雉子を追ひ常陸風土記の丘に彳つ/金丸鐵蕉

痩せ麦に不在地主の吾が来彳つ/竹下しづの女

古曼茶羅に牡丹の客として彳ちぬ/稲垣きくの

寒夜鏡に褄しづまりて誰か彳つ/竹下しづの女

俳句例:61句目~

ペチュニアに彳ちルージュ濃き女達/西村和子

花に彳ち農場の麺麭を喰ひちぎる/石橋辰之助

花の雲誰がために彳ちとどまれる/河野多希女

あとずさりわが彳つかぎり罪のなし/石川桂郎

旭の薔薇に矗と彳つ博士夫人かな/竹下しづの女

花に待つやいぶかしみ寄る子らも彳つ/原田種茅

タイトルとURLをコピーしました