見晴らしを使用した俳句

見晴らしに関連した俳句の例をまとめました。

スポンサーリンク

見晴らしを含む俳句例

国境を見晴す対州馬肥ゆる/河野青華

鴛鴦鴨のつくべき水の見晴かな/林紅

見晴しとなるはず芒分け登る/新田充穂

みはらして見晴台のうぐいす/荻原井泉水

夜の見晴し耳ひくひくときのこ飯/西垣脩

山茶花に垣穂の渡し見晴れけり/飯田蛇笏

海は見晴らし足下の海は父の墓/高柳重信

見晴しにドナウの長流新酒愛づ/和田西方

見晴しの先程よりもかすみ濃き/高濱年尾

梨食むや汽車の全長見晴らして/きくちつねこ

父座なる見晴らしのよき夏爐かな/佐々木六戈

見晴らして水鳥の見えはじめたる/徳永山冬子

見晴らしは兎も角雪渓よぎるとせん/高澤良一

ねんねこから横目つぶらな見晴しや/中村草田男

俳句作品例
スポンサーリンク
俳句季語一覧ナビ