凪ぐを使用した俳句

凪ぐに関連した俳句の例をまとめました。

スポンサーリンク

凪ぐを含む俳句例

伊良湖岬沖凪ぎ渡る鷹柱/高橋柿花

滞船に風凪ぐ春の大月夜/西島麦南

地獄波凪ぎ誕生寺秋彼岸/吉川鬼洗

磧畑霜凪ぐ靄の午までも/西島麥南

落葉凪ぎ芝居囃子の谷底へ/太田鴻村

くにうみの島の浦凪ぎ漁始/村上唯志

谷杉に凪ぎ雲迅さや弥生尽/飯田蛇笏

島の丘に瀬戸の海凪ぎ花筵/中川康子

凪ぐ風を起してボート潔し/栗田直美

待春の海凪ぎ青き原酒樽/坂井とみ子

宿毛凪ぎ鴨の媾ひ潟の端に/高橋柿花

風雨凪ぐ大巌山のなごり花/飯田蛇笏

早苗舟朝凪ぐ水脈を右左/水原秋桜子

浜畑の芋に月あり海の凪ぎ/島田青峰

うす霧に苑の朝凪ぎ年惜しむ/飯田蛇笏

山の風海の風凪ぎ種おろす/揚石八重子

春を凪ぎ浄きひかりを妊れり/高澤晶子

海亀の揚るやも時化浪も凪ぎ/山崎一角

芦刈女琵琶湖凪ぐ日の珍しと/上田孝恵

月しろや風は凪ぎ来し櫟原/篠田悌二郎

俳句例:21句目~

軍艦のデッキの菊や佳節凪ぎ/飯田蛇笏

日本海凪ぐ日白鳥帰りけり/猪俣千代子

てらてらと沖かけて凪ぐ恵方道/荒井正隆

外海の凪ぐ日賜ひし毛蟲かな/八木林之介

寒の凪ぎ歩行のもつれ如何せん/飯田蛇笏

島の旅けふも葉月の潮凪ぐを/小原菁々子

空梅雨の夕凪ぐ漁家の竃火かな/西島麦南

胡桃樹下水くらく凪ぐ帰燕かな/飯田蛇笏

荒川凪ぐ死ぬに死なれぬ少年も/高柳重信

月上げて凪ぐ水なりし虫の声/大谷碧雲居

富士の凪ぎ天鳶啼くをさまたげず/飯田蛇笏

行春の浪凪ぎ来らし夜のキヤビン/林原耒井

川のほとり凪ぎ暮れて大き尾花の穂/太田鴻村

コスモス残花かく凪ぐ海も今日かぎり/福田蓼汀

山茶花に藁積む日海も凪ぎをらん/安斎櫻カイ子

岩雲雀啼き乗鞍の凪ぐ日かな/大木格次郎「水源」

石触れ打つ音と覚む野分夜凪ぎをり/閭門の草/安斎櫻カイ子

タイトルとURLをコピーしました