尺蠖を使用した俳句

尺蠖に関連した俳句の例をまとめました。

スポンサーリンク

尺蠖を含む俳句例

尺蠖の真から青し仏径/大中誉子

尺蠖の尺残しけり何迷ふ/近藤一鴻

尺蠖の探り直せる空の奥/高澤良一

尺蠖の遅々寸々を愛すべし/塘柊風

尺蠖や教師の他に能もなし/樋笠文

尺蠖も緑に擬する山深み/富安風生

棒立ちし寸取虫の思案貌/杉山青風

尺蠖の尺が小刻み竹生島/河合凱夫

尺蠖に尺計らるる松葉杖/國島十雨

尺蠖や測り疲れて一文字/吉田水乱

尺蠖やたかが男の自尊心/仙田洋子

尺蠖や杉山中に睡り足る/進藤一考

いまの世の尺蠖あゆむ車石/川勝ミヨ

尺蠖の真砂に落ちて怒りけり/日原傳

動く葉は尺蠖の居りにけり/高濱虚子

尺蠖の頂礼大地しづかなり/嶋田麻紀

尺蠖の道とり乱す人の胸/稲垣きくの

尺蠖の騙し果せしとは笑止/原田青児

尺蠖や夏天雲のうごくなし/加藤楸邨

尺蠖をつれて去りたる大没日/原田喬

俳句例:21句目~

尺蠖のあそべる旅の机かな/細川加賀

尺蠖を見る頬杖を子も真似ぶ/西垣脩

尺蠖虫病歴どこか略さねば/朝倉和江

山青く青き尺蠖風をはかる/宮津昭彦

空探るとき尺蠖の枝となる/田中鼓浪

尺蠖の五体投地や朝の飢/吉野トシ子

尺蠖の哭くが如くに立ち上り/上野泰

訴へか祈リか尺蠖首を振り/福田蓼汀

尺蠖の尺は一昨日より長し/高木一惠

尺蠖の尺取り急ぐ梅雨晴間/和田祥子

尺蠖の葉尖にさぐる空の翳/原田種茅

尺蠖の歩く蚕部屋の竿秤/皆川美恵子

さりげなく尺蠖虫を転がしぬ/吉井幸子

尺蠖の濡れ桑にゐて虹あかり/飯田蛇笏

尺蠖の尺振り切つて声疲る/河野多希女

尺蠖の夕日は掴みがたきかな/大類孝子

尺蠖の尺とり終へて逆立てる/阿部夕礁

尺蠖に華麗なる授業などはなし/樋笠文

尺蠖ののぼりつめたる宙ばかり/近藤実

尺蠖や夏天の雲のうごくなし/加藤楸邨

俳句例:41句目~

尺蠖虫尺とりうせて酒剰さず/石川桂郎

尺蠖の行方をきめる頭上げ/栗林真知子

尺蠖の青嶺はかるや句碑の前/巌谷小波

来し方や尺蠖ほどの節度なく/春名耕作

尺蠖の大きな伸びの昼さがり/平子公一

尺蠖の一ト指し詰まり畢りけり/河野南畦

尺蠖の糸引き落ちて明けゆけり/太田蓁樹

尺蠖や仕事を明日へのばしゐて/朝倉和江

尺蠖や律義に生きて疎まるる/奥野曼荼羅

尺蠖の棒立ちとなり枯れはじむ/本澤晴子

天へかへる尺蠖の子をはげましぬ/原田喬

子の探す尺蠖消えて枝となる/福屋千穂美

尺蠖が棒となりたる疾風かな/阿波野青畝

尺蠖のひたすらの歩を風の中/渡邊千枝子

尺蠖のひとたび縮み執着す/手代木唖々子

鍬の柄に尺蠖が立ち雨季に入る/木村仔羊

風ありて尺蠖とぶがごときかな/高橋馬相

尺蠖虫計りたがへし身を吊るす/篠田悌二郎

尺蠖の速度に乗りてパンかをる/鳥居おさむ

尺蠖の胡瓜の枝かとだまされし/城戸崎松代

俳句例:61句目~

尺蠖虫の焔逃げんと尺とりつつ/中村草田男

登りつめて尺蠖天をさぐりけり/小山百一翁

尺蠖の時を惜しまず戻りけり/なかのげんご

葉を食べて尺蠖茎になりすまし/小林いまよ

尺蠖の逃げゆくときも尺をとる/山内年日子

尺蠖とゐて知らざるを知るとなす/藤岡筑邨

尺蠖の計り了ふことなかりけり/阿部みどり女

タイトルとURLをコピーしました