金粉を使用した俳句

金粉に関連した俳句の例をまとめました。

スポンサーリンク

金粉を含む俳句例

金粉は盃の底七日暮れ/平野卍

裏山に金粉散らし春の月/原和子

雲雀落ち天に金粉残りけり/照敏

初蝶の金粉まみれ黙示録/伊藤敬子

口ぢうを金粉にして落椿/長谷川櫂

酒蔵は寒し試飲の金粉酒/大場艶子

もろこしの花の金粉遠囃子/永方裕子

旭の中や金粉こぼし囀れり/中村明子

盃洗に金粉泛いてゐる寒さ/鈴木鷹夫

薪能火蛾金粉となりにけり/細川加賀

金粉の袖に附きくる朧かな/竹内悦子

一望の冬海金粉打ちたしや/中村草田男

初夢の金粉を塗りまぶしたる/高浜虚子

篝火の金粉こぼす鵜のまはり/平畑静塔

金粉の沈める屠蘇を干しにけり/滝戸蓮

金粉をみなぎらせたり黒牡丹/下村梅子

雪の精金粉わき立たせ金屏風/永井龍男

雪舞ひの金粉となる没日かな/立川華子

鬼会晴火の粉金粉闇に舞ふ/津留崎順子

鷹渡り日矢の金粉散らしけり/澤田緑生

俳句例:21句目~

龍跳ねて金粉散らす賀状かな/中嶋秀子

どんみりと金粉ふえて木の葉髪/加藤郁乎

竜の字の金粉に跳ね賀状書く/水田むつみ

金粉の散ると見えたる鳴子かな/野村喜舟

金粉をこぼすごとくに春の月/山下由理子

金粉を散らしてわれに墓はなし/津沢マサ子

緑樹炎え日は金粉を吐き止まず/竹下しづの女

花粉金粉ぶつかけられて駄目になる/阿部完市

金粉をこぼして火蛾やすさまじく/松本たかし

タイトルとURLをコピーしました