北斗を使用した俳句

北斗に関連した俳句の例をまとめました。

スポンサーリンク

北斗を含む俳句例

藪の穂に北斗輝き井華水/露月

曉や北斗を浸す春の潮/松瀬青々

暁や北斗を浸す春の潮/松瀬青々

霜枯に見ゆる北斗の力かな/齋藤玄

無冠なる父へ瞬く春北斗/櫂未知子

白息や北斗わづかの片曇/杉山岳陽

北壁に手向けか天の春北斗/有働亨

春北斗雪庇も闇へ帰りつつ/有働亨

大旱や北斗七星草に沈み/佐野青陽人

柄のみなる北斗浅間に冬隣/杉山岳陽

蛇穴を出て北天に北斗かな/高橋将夫

白魚火の遠きは北斗より淡く/椋砂東

藪空や北斗も見えず雪催ひ/西山泊雲

雪原に北斗の針の廻りけり/福田蓼汀

雪原に北斗七ツの六ッ昇る/岡田日郎

声澄みて北斗にひびく砧哉/松尾芭蕉

冬の花火北斗七星包みけり/佐藤春夫

北斗ありし空や朝顔水色に/渡辺水巴

大寒や北斗仰げと鬼城の句/村上谿聲

さらす身の十七文字寒北斗/吉田三千子

俳句例:21句目~

月ありて北斗の冴えや冬木立/岡本松浜

寒北斗死にはじめたる後頭部/栗林千津

わが窓に北斗の杓を置き涼し/山口青邨

われにのみ北斗大粒もみじ闇/和知喜八

体温計を振る北斗の柄の方へ/齋藤愼爾

北斗露の如し咲きすむ月見草/渡邊水巴

夜を帰る枯野や北斗鉾立ちに/山口誓子

北斗七星翌立秋の月うけて/佐野青陽人

凍豆腐に空頼もしき北斗かな/河野静雲

寒き夜や折れ曲りたる北斗里/村上鬼城

窯火守る傾ぎて大き冬北斗/日比野里江

花更けて北斗の杓の俯伏せる/山口誓子

冬北斗この世に夫をとどめたし/井上雪

春の宵北斗チクタク辷るなり/前田普羅

行く川のあなた北斗の朧かな/立花北枝

春北斗五體投地はつたなくて/柚木紀子

沖かけて北斗ゆたかに啄木忌/稲島帚木

光年といふものさしや寒北斗/吉原一暁

顔見せや北斗に競ふ炭だはら/高井几董

北斗の尾さかしまに年送るなり/福島小蕾

俳句例:41句目~

生きてあれ冬の北斗の柄の下に/加藤楸邨

北斗の柄より降る木の葉大きかり/及川貞

北斗の柄よる降る木の葉大きかり/及川貞

北斗冴えて藪に音ある時雨かな/西山泊雲

北斗立つ夜空の青き鬼やらひ/有田八州彦

月入れば北斗をめぐる千鳥かな/飯田蛇笏

年逝くと北斗の杓の立てりけり/山本歩禅

首切りを怒り北斗の逆立つ柄/田川飛旅子

はろかなる露の北斗の尾の日本/加藤秋邨

梅雨晴や北斗の下の能登に入る/前田普羅

倒れ来る北斗に春の声あげぬ/山田みづえ

雪国の雪のやみたる北斗かな/大峯あきら

漁船出づ頭上煌めく寒北斗/大久保灯志子

北斗うすく広野の水に月上る/池内友次郎

優佳良織の蒼に吹き晴れ春北斗/鳥居美智子

凍てし夜の松の中なる北斗の尾/田川飛旅子

年立つや北斗仰ぎつ押されゆく/佐野青陽人

北斗の柄折れてきらめく雁渡し/永田耕一郎

雪けむり立てど北斗はかゝはらず/石橋辰之助

木の中でじいーんと泣くか寒北斗/岸本マチ子

俳句例:61句目~

枯菊や北斗も嵯峨も打ちまじり/阿部みどり女

北斗祭るかむなぎこころ牡丹焚く/柳沼破籠子

玄関に凍てし北斗を見て閉むる/阿部みどり女

はるばると来にし命かひとつ天に南十字星見ゆ北斗七星見ゆ/宮地伸一

北斗の杓より水こぼれいつ否と言いて去りゆくものは去らしむるべし/永田和宏

俳句作品例
スポンサーリンク
俳句季語一覧ナビ
タイトルとURLをコピーしました