袈裟を使用した俳句

袈裟に関連した俳句の例をまとめました。

スポンサーリンク

袈裟を含む俳句例

花の香袈裟も衣も腸も/松岡青蘿

一鐵一袈裟行李安居かな/喜谷六花

寒行の袈裟一枚に雪狂ふ/中條富子

時頼が露の袈裟ほす焚火哉/正岡子規

袈裟がけに花魁草に蛇の衣/富安風生

虫干や今は用なき袈裟法衣/入江也空

袈裟叩き肩を叩きて雪払ふ/伊藤敬子

寒椿輪袈裟掛ければ一信徒/影島智子

見残せし袈裟の恋塚十月野/草村素子

山僧の袈裟繕うて年暮れぬ/尾崎紅葉

袈裟がけに青山肌に一雪渓/福田蓼汀

澁色の袈裟きた僧の十夜哉/正岡子規

灌仏や美しと見る僧の袈裟/尾崎放哉

相承の袈裟重かりし三ヶ日/川澄祐勝

白足袋や大僧正の袈裟の下/野村喜舟

金襴の袈裟吹かれ行く花野かな/梅室

袈裟掛の松の切株ひこばゆる/森田峠

春一番霧島山を袈裟切りに/遠井俊二

越冬のでで虫の死は袈裟の下/吉田紫乃

六斎の輪舞ばらばら袈裟景色/田中信克

俳句例:21句目~

大仏に袈裟掛にある冬日かな/高浜虚子

大幹に袈裟掛けの傷神の留守/藤岡筑邨

山粧ふ日毎峰より袈裟がけに/井口天心

雷蔵の墓を袈裟切り鵙のこゑ/高澤良一

御表具に袈裟の折目や涅槃像/菅原師竹

御身拭揃ひの袈裟の御僧たち/高木春川

御開帳輪袈裟かけたる下足番/佐野克男

数珠輪袈裟はた頭陀袋豆の花/羽原青吟

柿の袈裟ゆすり直すや花の中/立花北枝

梅さむし金襴の袈裟畳まれて/松村蒼石

浦人に袈裟掛け松の小春かな/飯田蛇笏

無月なり袈裟透く僧の白き帯/吉野義子

祈雨僧の袈裟を掠めて雲早く/小林寂無

新発意のかけし赤袈裟法然忌/磯辺芥朗

緋の袈裟のずしりと後の更衣/川澄祐勝

肩替ふるお袈裟文庫や霧の中/河野静雲

行秋の一些事袈裟のほころびたり/迷堂

袈裟かけし夫の声澄む初あらし/井上雪

袈裟まとふ間を待たされし杜若/車谷弘

袈裟売の御山泊りや今朝の秋/高田蝶衣

俳句例:41句目~

袈裟掛の松に秋風聴きにけり/清水隆男

袈裟着せて赤児高抱き引上会/赤松惠子

袈裟脱げば僧も百姓菜虫取る/末森彩雲

袈裟衣とほせる汗や施餓鬼僧/河野静雲

空海の飛錫に裂けし袈裟曝す/駒木逸歩

廻廊や袈裟ひるがへし雲衲の秋/河野南畦

沙羅咲くや古袈裟買ひに男くる/小倉覚禅

袈裟がけの傷を帆に負ひ水芭蕉/東條素香

袈裟とれば團栗一つこぼれけり/正岡子規

藪蚊打つ袈裟の下なる鎧かな/石島雉子郎

極暑用袈裟鳳凰図召されけり/赤松ケイ子

盆の僧袈裟のさざ波被て座る/清水せい子

袈裟懸けにされ諸手挙ぐ小六月/攝津幸彦

蝉しぐれ袈裟懸けにして三塁打/細田佳道

新発意の黒の輪袈裟や野路の秋/河野静雲

袈裟いろの葛打ち敷ける土牢前/高澤良一

蓮如忌の村人に古る輪袈裟かな/三浦葵水

袈裟がけに来て高鳴ける小鳥かな/飴山實

輪袈裟掛け遍路心の深まりし/遠藤いまえ

金屏に袈裟ちかぢかと燭もゆる/飯田蛇笏

俳句例:61句目~

寒行の袈裟大股にひるがへり/宗像仏手柑

お彼岸や輪袈裟かけたる渡舟守/山口豊日子

目に青葉鴨居にかけて袈裟を干す/北野民夫

袈裟がけに神等去出の雷海を裂く/石原八束

赤い羽根袈裟につけたるお僧かな/獅子谷如是

金剛力士に袈裟がけの罅曼珠沙華/鍵和田ゆう子

百舌鳥袈裟がけ岬を返すうしろより/稲垣きくの

飛騨の袈裟山長夜の深井に坐すみことかな/高柳重信

タイトルとURLをコピーしました