湖明りを使用した俳句

湖明りに関連した俳句の例をまとめました。

スポンサーリンク

湖明りを含む俳句例

竹瓮舟未だ湖明けやらず/舟木紺雨

囀りを放てる大樹湖あかり/近藤しのぶ

夢ひとつかけし恵方の湖明り/高橋淑子

木枯を押しつつむ大き湖明り/山口草堂

泊船や無月ながらも湖あかり/那須乙郎

秋の虹人出さうな湖あかり/小野寺順子

茅花明り湖明りして来りけり/岡田貞峰

菩提樹の花より早く湖明けぬ/松井葵紅

朝霧や一湖明けたる三方五湖/佐藤一九八

湖明けて一襞もなし花擬宝珠/秋元不死男

湖明り青田明りにつづきけり/築城百々平

穴釣りの人増え氷湖明けしらむ/伊東宏晃

湖明りまだある懸巣鳴きにけり/大峯あきら

花石蕗も句碑もはにかむ湖あかり/西本一都

雁鳴くやあかとき余呉の湖あかり/最上義満

俳句作品例
スポンサーリンク
俳句季語一覧ナビ
タイトルとURLをコピーしました