回転扉を使用した俳句

回転扉に関連した俳句の例をまとめました。

スポンサーリンク

回転扉を含む俳句例

仮の世の回転扉夏蓬/高野ムツオ

回転ドア軽々と出る夏近し/堀政尋

空中に回転扉曼珠沙華/磯貝碧蹄館

菊の鉢回転扉に抱き悩む/吉屋信子

初春や回転ドアの内と外/熊谷貴志子

回転扉ひらりひらりと黒炎天/澁谷道

回転扉寒燈散らし落着きぬ/河野南畦

煖房や人を舞はしむ回転扉/井沢正江

鰯雲回転ドアにはさまれる/金城けい

回転扉銀行貨幣を量りこぼす/片山桃史

夏来る回転ドアの向こうから/佐伯和子

秋虹の消ゆるにはやし回転扉/白石水可

ひとりずつ回転ドアにある寒気/大脇みや

回転扉木枯の身のつまづき入る/原田種茅

うすものの透けて回転ドアのなか/中村祐子

貝寄風やかまえて回転ドアに入る/相川玖美子

俳句作品例
スポンサーリンク
俳句季語一覧ナビ
タイトルとURLをコピーしました