自愛を使用した俳句

自愛に関連した俳句の例をまとめました。

スポンサーリンク

自愛を含む俳句例

日傘立て老靴磨自愛せよ/山本歩禅

仕方なく自愛専一飾り松/池田澄子

春深し自愛の壺を膝の上/野上照子

枯菊を焚き萩を焚き自愛かな/蓼汀

八月や壁に自愛の眼据ゑ/村松ひろし

原爆忌生きて自愛の卵割る/中村孝一

海上に自愛の日傘白く張る/津田清子

自愛せよとて笹酒を寒見舞/木林/勇

自愛てふ怠けごころの霞かな/岡本眸

自愛とも棚田の溝の芹青む/黒岡洋子

をりふしに自愛を思ひ煮大根/藤田湘子

一椀の自愛の蕎麦湯小百姓/竹田はるを

秋立つと自愛ごころの絹肌着/都筑智子

白牡丹自愛の首を腐しけり/増田まさみ

父逝けり厳冬の母自愛せよ/大岳水一路

繃帯は自愛のしるし鳥帰る/磯貝碧蹄館

翁草自愛の髯を垂らしけり/後藤比奈夫

自愛してかぼちや畑の花無数/中西舗土

自愛の座起つ身じろぎの白牡丹/竹中宏

自愛日々冷し紅茶も控えつつ/大島民郎

俳句例:21句目~

去年よりも自愛濃くなる懐手/能村登四郎

寒夜自愛おのが二影の濃き交面/香西照雄

引き抜きし葱に自愛の香ありけり/中田剛

自愛せよとて襟巻をして別れ/深見けん二

自愛てふことばあたため樫茂る/鈴木太郎

春めくとすこし自愛のこころざし/松澤昭

自愛とは身を責むること寒椿/三井あきら

炎天下息子に自愛を申しつける/池田澄子

炎昼や猫も自愛の四肢伸ばす/北原志満子

わが自愛腸の長さを知らざれば/江里昭彦

花冷の火を絶やさじと自愛かな/福田蓼汀

菠薐草茹でて自愛や切なりと/宇多喜代子

蠶食の天ばうばうと自愛のいま/佐藤鬼房

初ざくら自愛ほとほとくたびれる/池田澄子

干菜風呂日々欠かさずに自愛かな/芝原無菴

夏掛けのみづいろといふ自愛かな/能村登四郎

自愛は呪語かレタスの翼はりはり噛み/伊丹三樹彦

俳句作品例
スポンサーリンク
俳句季語一覧ナビ
タイトルとURLをコピーしました