足首を使用した俳句

足首に関連した俳句の例をまとめました。

スポンサーリンク

足首を含む俳句例

手に手首足に足首更衣/福田新樹

足首の埃たたいて花そうぶ/一茶

ふるさとの手首足首桃雫/攝津幸彦

八月を足首細く迎えけり/和田悟朗

踏台の足首ほそき藍浴衣/橋本榮治

寒行の足首細くふみだしぬ/有馬朗人

曼珠沙華足くび細く女立つ/三好淡紅

足首の細きギプスや養花天/如月真菜

向日葵や足首細きとびの足袋/高井北杜

少女提ぐスケート靴も細足首/品川鈴子

曼珠沙華手首足首ぼろぼろに/攝津幸彦

炬燵より出し足首を掴まるる/寺井谷子

足首のひかりゐし竹落葉かな/田中裕明

足袋替へる母の足首細りけり/吉宇田敬子

足首まで埋もれ五月の砂丘ゆく/神谷翠泉

野の蚋に足首の虚をつかれけり/久保乙秋

足首に血の溜まりくる夜の新樹/ふけとしこ

タイトルとURLをコピーしました