滝水を使用した俳句

滝水に関連した俳句の例をまとめました。

スポンサーリンク

滝水を含む俳句例

滝水で百人前の鯉洗ふ/中川飛梅

山人は斧浸しゆく滝水に/萩原麦草

滝水に鼠捕り器の鼠浸す/右城暮石

滝水の下に滝水割込めり/高澤良一

滝水の巖過ぐとき巖いろ/高澤良一

瀧水と瀧壺の水分ちなし/青木重行

瀧水の己戦きとどろけり/青木重行

養老の滝滝水を野に配る/右城暮石

大那智の滝水那智を養へり/右城暮石

滝水の天へ流るとみしが鵙/田中水桜

滝水の己れ戦きとどろけり/青木重行

滝水の流れを更へて葛茂る/河野南畦

滝水に手を冷しゐて意かよふ/津田清子

滝水のとどろに大徳出づる寺/高澤良一

滝茶屋をくぐる滝水また滝に/福田蓼汀

瀧水に手を冷しゐて意かよふ/津田清子

秋の滝水崩れずに落ちにけり/茨木和生

空腹に瀧水落とす椿事かな/宇多喜代子

作り滝水に性根のなかりけり/成瀬櫻桃子

冬の滝水のかたまり叩きつける/藤岡筑邨

俳句例:21句目~

水を汲む水を汲む滝水を汲む/宇多喜代子

滝水に漱ぎてけふのいのちあり/木村蕪城

滝水のぐるりと迂回せるもあり/高澤良一

滝水の遅るるごとく落つるあり/後藤夜半

瀧水に漱ぎてけふのいのちあり/木村蕪城

瀧水の遅るるごとく落つるあり/後藤夜半

雪くらむ滝水きほひおちにけり/飯田蛇笏

まとまりのつかぬ滝水とはなれり/高澤良一

滝水の中やながるる蝉の声/惟然「草庵集」

タイトルとURLをコピーしました