前髪を使用した俳句

前髪に関連した俳句の例をまとめました。

スポンサーリンク

前髪を含む俳句例

前髪を揃えし額春愁/うえだ/鼓

前髪もまだ若草の匂ひかな/芭蕉

妹の前髪厚く蜜柑むく/如月真菜

芍薬や初恋前髪の詩掲げ/及川貞

前髪を眉に揃えて入学す/きよみ

七夕の子の前髪を切りそろふ/林火

金亀虫前髪につけ少女来る/米田勇

初写真妻が前髪歪みゐる/杉田以山

花椎は和蘭陀坂の前髪か/堀口星眠

前髪に恋はありけり夷講/黒柳召波

螢見ののち前髪の衰ふる/大石悦子

前髪に積りて雪の饒舌な/櫂未知子

前髪に雪降りかゝる鷹野かな/吏明

朝涼やわり前髪の笛の役/井上井月

馬の眸に前髪かかる朝曇/正木ゆう子

前髪に磨ぐ縫針や一葉忌/馬場移公子

前髪にちらつく雪や初不動/石田波郷

前髪に初卯戻りの御札かな/高田蝶衣

前髪のいとしき面や菊人形/坂本千代

前髪の雪を払ひし御慶かな/大嶽青児

俳句例:21句目~

前髪もまだ若艸の匂ひかな/松尾芭蕉

前髪をあげし白露の朝かな/紅林照代

四葩切るや前髪わるゝ洗髪/杉田久女

木の葉髪大きな櫛を前髪に/星野立子

目借時子の前髪を切り揃え/谷村英子

待春の子の前髪を切り揃へ/阪野栄美子

春雷を前髪で受けとめている/塩見恵介

前髪をふるイカルスや花の塵/仙田洋子

前髪を上げ早春の銀座まで/加藤あけみ

湯菖蒲の細葉結びぬ前髪に/高橋淡路女

前髪を切りて三人子夏迎ふ/冨田みのる

菖蒲太刀前髪の露滴たらん/河東碧梧桐

前髪を切るごとく剪る暮の萩/中村みさを

前髪をきられて寒きわかれかな/幸田露伴

前髪を短く揃へ冬に入る/ともたけりつ子

聖夜なり前髪切りて黒散らす/鳥居真里子

前髪にいつつきしくせ暮の春/大場白水郎

前髪に目出度花挿しちやつきらこ/上村占

今はむかし前髪は風のぬけがら/鎌倉佐弓

餅の黴剥がす前髪より老ける/殿村菟絲子

俳句例:41句目~

湯気に濡れ重き前髪胡葱に/長谷川かな女

櫛とりかへてさす前髪や初鏡/長谷川零餘子

浴衣きて前髪は眼を切りにけり/赤松ケイ子

いにしへの王のごと前髪を吹かれてあゆむ紫木蓮まで/阿木津英

タイトルとURLをコピーしました