硝子器を使用した俳句

硝子器に関連した俳句の例をまとめました。

スポンサーリンク

硝子器を含む俳句例

硝子器重し曇天に桜満ち/桂信子

硝子器に日の落し子の寒苺/野澤節子

硝子器に箸の当りて夏の音/高澤良一

硝子器の白水は過ぎゆけり/赤尾兜子

直系やはなびら色の硝子器生む/穴井太

硝子器に山女するどき北の国/飯田龍太

硝子器に水の形象立夏かな/小檜山繁子

硝子器を清潔にしてさくら時/細見綾子

意識のすぐ北側に丘硝子器散り/阿部完市

水中の硝子器くもり久女の忌/宮本きみ子

硝子器に風ためており麦の秋/熊坂てつを

雨となり硝子器に茂るみどり児/阿部娘子

巴里祭硝子器磨き寝てしまふ/鍵和田ゆう子

水を欲る被爆の手あり硝子器に/国武十六夜

硝子器に硝子器の影シャワー浴ぶ/秋篠光広

硝子器の底はや見えてさくらんぼ/藤南桂子

硝子器をきゆんきゆん磨く夜の秋/野村春音

タイトルとURLをコピーしました