をだまきの花を使用した俳句

をだまきの花に関連した俳句の例をまとめました。

スポンサーリンク

をだまきの花を含む俳句例

干瓢や賤の苧環剥き返し/泉鏡花

苧環や判宮の墓姫の墓/福田蓼汀

苧環や廻してちぎる厠紙/鷹羽狩行

苧環や木曽路は水の音の中/蟇目良雨

苧環や歌そらんずる御墓守/福田蓼汀

苧環や遷都のあとを人通る/和田悟朗

苧環の昏れゆく国へ雷わたる/和田悟朗

苧環や子に始まりし親離れ/矢口由起枝

むらさきは忘られやすし苧環も/津森延世

奥蝦夷の賤のをだまき咲く宿り/遠藤梧逸

荒川をおだまき渉るごときかな/平井照敏

苧環を見むと白墨にまみれたる/宇多喜代子

俤の仰向きつくづく花の散る/矢野おだまき

手をつなぎ深山をだまき崖に折る/河府雪於

石の上に蜥蜴ののれるをだまき草/遠藤梧逸

をだまき草咲いてゐる筈なほも行く/稲畑汀子

坪内氏、おだまき咲いて主婦を抱く/坪内稔典

母が路上に薄れゆくみやまおだまき/若森京子

浴衣着て後生重からず軽からず/矢野おだまき

細長き土間抜ける風をだまき草/阿部みどり女

俳句例:21句目~

薪割るやみやまをだまき萌ゆる辺に/木村蕪城

家のべをだまき咲き家のしづかさ/安斎櫻カイ子

タイトルとURLをコピーしました