訥々を使用した俳句

訥々に関連した俳句の例をまとめました。

スポンサーリンク

訥々を含む俳句例

秋風や訥々漁夫の島訛/加藤春彦

虫籠の中味の話訥々と/高澤良一

訥々舞ひ延々と里神楽/外川正市

忘れ得ぬ訥々の言ぬくめ酒/杉本寛

渡り鳥訥々とうた継ぐもよし/原裕

訥々と農改革を炉に語る/坂口瑶子

とぎれしがまた訥々と鉦叩/重見和子

父情訥々成人の日の旗の竿/栗生純夫

訥々と篠の子を売る黒瞳/殿村莵絲子

訥々と語り葡萄の花を指す/廣瀬直人

訥々と雪国よりの雪見舞/島田まつ子

訥々と婚後をさとす夜の炬燵/大熊輝一

訥々と露にくれなゐさすことよ/中田剛

技師長は訥訥としてさくらちる/田中裕明

春服疲れし訥々の弁黒瞳澄み/赤城さかえ

見習ひのガイド訥々木の芽どき/高澤良一

十指ほどの墓地や訥々山の慈雨/平井さち子

濃りんどう髭のなかより訥々と/赤城さかえ

俳句作品例
スポンサーリンク
俳句季語一覧ナビ
タイトルとURLをコピーしました