夜叉を使用した俳句

夜叉に関連した俳句の例をまとめました。

スポンサーリンク

夜叉を含む俳句例

斑猫のとぶ夜叉神の峠口/荒川優子

ゆく秋の夜叉神峠の雲迅し/倉林美保

乱鴬や夜叉の般若の女面/大橋麻沙子

貌見せぬ夜叉払ひたる鎌鼬/中村順子

夜叉神の修羅落しあと霧雫/中戸川朝人

わが庭に山吹棲みてわれに夜叉/齋藤玄

姫夜叉と名付けし竹も春の頃/大島民郎

夜叉神に女人の土工霜溶くる/飯田蛇笏

あぢさゐや瀧夜叉姫が花かざし/永井荷風

仏とも夜叉とも見えて雲の峰/郡山とし子

半纏木軍荼利夜叉に花こぞる/中戸川朝人

厠男して株る半ちくの夜叉しさ/加藤郁乎

善女とも夜叉ともなれず春の闇/奥田恵美

夜叉の面つけて舞ひたき芒原/北井ちず子

山焼の夜叉の火影のはしるかな/大橋敦子

振り向けば夜叉の相かも大枯野/白井爽風

糸瓜忌の夜叉のごとくに七分粥/古舘曹人

外能登や海かけて来る夜叉時雨/岩坂満寿枝

夜叉となり観音となり焚火果つ/小川原嘘帥

夜叉舞や舞ひ崩れてはおらびつつ/高柳重信

俳句例:21句目~

桑の実を夜叉の口もて食うぶかな/大石悦子

片蔭にまなこつむりて夜叉を飼ふ/仙田洋子

短夜を夜叉駆け抜ける目覚めかな/榎並信一

花散らす夜叉を彫られし姐御かな/筑紫磐井

菩薩と夜叉こもごも看取り明易し/木村ふく

赤城嶺のはだれて宵は夜叉の道/鳥居美智子

雪道で歯が抜け落ちて夜叉になる/富岡和秀

鬼女の像灼けつつ内面夜叉美人/加藤知世子

月浴びて夜叉のはくれん突っ立てる/高澤良一

見夜火堂夜叉倍子の実のくろぐろと/高澤良一

夜叉五倍子の青実南風にごっつんこ/高澤良一

われも夜叉かな昼の芒にまどろめば/間庭とよ子

野を渡る夜叉嫁入り道具になりすまし/西川徹郎

挿し置きし夜叉五倍子花粉こぼしをり/中戸川朝人

三日、強風、”金色夜叉”の夜に入れり/久保田万太郎

夜叉五倍子の実なり生つても生つても生る/後藤比奈夫

草うらの影絵の世界/匂ふべき夜叉のおごりもあさつきの色/筑紫磐井

タイトルとURLをコピーしました