パン屋を使用した俳句

パン屋に関連した俳句の例をまとめました。

スポンサーリンク

パン屋を含む俳句例

鏡餅据へしパン屋のレジスター/小梅順

雪解靄パン屋に広き駐車場/菊池ふね子

いぬふぐり昔は驢馬のパン屋来て/角長子

パン屋の娘頬に粉つけ街薄暑/高田風人子

冬鴉パン屋をのぞき啼かざりき/山下青芝

颱風過ぎ半分開きのパン屋混む/桜井博道

銀河へは七歩麺麭屋まで二百歩/折笠美秋

麺麭屋まで二百歩銀河へは七歩/折笠美秋

なほ獨樂を闘はせをりパン屋の前/国弘賢治

灯こぼしてパン屋捏ねゐし豆の花/小池文子

燕来るアンデルセンは麺麭屋の名で/安住敦

パン屋が出来た葉桜の午の風渡る/河東碧梧桐

若葉してうるさいッ玄米パン屋さん/三橋鷹女

飯炊くつらさ花屋もパン屋も灯らぬ夜/阿部完市

ポインセチアの赤がパン屋の一つの灯/浅香さとみ

夜の秋のパン屋パンこね帰路照らす/西垣脩「西垣脩句集」

俳句作品例
スポンサーリンク
俳句季語一覧ナビ
タイトルとURLをコピーしました