旅支度を使用した俳句

旅支度に関連した俳句の例をまとめました。

スポンサーリンク

旅支度を含む俳句例

短夜や貢進生の旅支度/野村泊月

ぎんなんも落るや神の旅支度/桃隣

こまごまと朝蜩に旅支度/川崎展宏

八月や巡礼という旅支度/久保砂潮

旅なれぬ妻極月の旅支度/後藤良子

油なき雁の羽並や旅支度/中村史邦

白靴を買ひ旅支度整ひぬ/矢嶋淳子

旅支度少しづゝ梅雨深む中/高澤良一

春の夜や諸越へ行く旅支度/藤野古白

秋雨やまだ先の日の旅支度/斉藤富美

みちのくへ白露過ぎたる旅支度/星野椿

三月のかの地いかにと旅支度/稲畑汀子

旅支度道後の花に逢ひたくて/高澤良一

鼻唄は「りんご追分」旅支度/高澤良一

ハンカチをすこし余分に旅支度/高澤良一

室咲きに水やることも旅支度/片山由美子

旅支度終へ梅の香にしばし佇つ/清水博子

着膨れて入れたり出したり旅支度/増田豊子

タイトルとURLをコピーしました