自動ドアを使用した俳句

自動ドアに関連した俳句の例をまとめました。

スポンサーリンク

自動ドアを含む俳句例

初雪を払へば自動ドア開く/斉藤博子

夏期講座開閉しげき自動ドア/渋川絢

子燕を真上に菓舗の自動ドア/庄司栄子

自動ドア一寒行に開きたり/肥田埜勝美

自動ドア過敏にあくや君子蘭/星野恒彦

夏やせの遅れて開く自動ドア/小俣由とり

極月や犬にもひらく自動ドア/三田きえ子

緑さすモデルルームの自動ドア/高田敬子

自動ドアはじかれ出でて炎天下/渡辺立男

自動ドア付けて老舗のさくら餅/八巻絹子

自動ドア閉ぢて寒雲また映す/松倉ゆずる

自動ドア開きひらりと黄葉入る/小池尹子

夏立つやわがために開く自動ドア/浦川哲子

両手の荷/自動ドアにおじぎして/近藤三知子

風船かづら小犬に開いて自動ドア/長崎小夜子

自動ドア祭のサンバ繰り出せる/品川鈴子「真澄」

自動ドア開くたびにクリスマスツリー在る/阪倉研伍

俳句作品例
スポンサーリンク
俳句季語一覧ナビ
タイトルとURLをコピーしました