光年を使用した俳句

光年に関連した俳句の例をまとめました。

スポンサーリンク

光年を含む俳句例

光年の光の底に鉦叩/荻原静歩

百五十億光年の星へ咳/嶋田一歩

光年の星仰ぎをり寒土用/森澄雄

九億九光年を経し寒椿/斎藤愼爾

光年の中の瞬の身初日燃ゆ/林翔

螢舞ふ幾光年の星の中/三嶋隆英

蝶になる途中九億九光年/橋間石

冬青空九億九光年の留守/斎藤慎爾

光年てふ星の隔り星月夜/伊藤幸博

光年の時差の煌き星涼し/藤浦昭代

千梅に星の光年届きけり/倉田勝栄

閉ざされし塔光年の星涼し/原和子

桃の木に一光年のはじまりぬ/松澤昭

滅びても光年を燃ゆ春の星/藤田湘子

石肌に月の光年ひしめける/毛塚静枝

遠ざかる光年の果地虫の夜/三橋敏雄

光年に病むは一瞬星凍つる/立川華子

光年の星満天に端居かな/西川みさを

光年の速さで母を呼ぶ鹹湖/佐藤鬼房

光年の遠さで母を呼ぶ鹹湖/佐藤鬼房

俳句例:21句目~

妻いづこ/億光年の冬銀河/前枝竜三

木犀の香に光年の夜空あり/工藤義夫

こげよ舟を億光年の冬銀河/岸本マチ子

光年といふものさしや寒北斗/吉原一暁

悴かめる一光年の途中かな/上野まさい

星となる光年ふくめ星月夜/中戸川朝人

光年や気を吐きつづく夜光貝/白澤良子

光年は長さの単位つくし摘む/酒井和子

光年の星がささやく夜干梅/西川みさを

夢に見よ身長十億光年の影姫/夏石番矢

舟よこげよ億光年の冬銀河/岸本マチ子

芒挿す光年といふ美しき距離/奥坂まや

蜥蜴消えて一光年を経たりけり/龍岡晋

光年の旅の途中や野菊摘む/石戸多賀子

億光年の風が友達騎馬少年/岸本マチ子

光年を消しつつ星座涼しかり/藤田湘子

除夜の星幾光年を輝りきそふ/西島麦南

マニュアルを開けば五光年の闇/田中信克

十光年かなたの向日葵ああと言う/鎌倉佐弓

オクラきざみゐてふりむけば億光年/熊谷愛子

俳句例:41句目~

光年のしずかな時間草はらにならびて立てる馬と青年/井辻朱美

タイトルとURLをコピーしました