厨子を使用した俳句

厨子に関連した俳句の例をまとめました。

スポンサーリンク

厨子を含む俳句例

扇閉づ橘夫人厨子の前/山岸治子

しろがねの露玉虫厨子の中/中田剛

囀に玉虫厨子の戸の開く/岩本聡子

短日の厨子一灯を献じたる/野際泰功

睡蓮や愛染像は厨子の闇/山野上博子

厨子の箔夕日に古び出開帳/近藤一鴻

波明り厨子にぞ浮御堂小春/皆吉爽雨

厨子像の近松翁の足袋白し/山田弘子

鱈干場白木の厨子に弁財天/小林雪雄

梅咲くと厨子を出でたる仏たち/黛執

厨子暗く祖師在します初詣/永井賓水

厨子深くおはし何れも黴仏/大橋敦子

雨の日の厨子は厳封桃あかし/上村占

釈尊も厨子出でられよ草の餅/下田稔

誕生仏百禽啼いて厨子をいづ/秋櫻子

衆目にいま開帳の春日厨子/江口竹亭

山路来し秋扇たたむ厨子の前/大島民郎

春蚊出づ玉虫厨子の台座より/小谷廣子

松色を変へず玉虫厨子の彩/金子あきゑ

海光におん厨子ひらく百千鳥/斎藤梅子

俳句例:21句目~

火祭の厨子といふ厨子皆開き/岩男微笑

秋寂光臈たき菩薩厨子に在し/石塚友二

落葉して厨子に観音像ひとつ/広瀬直人

冬菫厨子玉虫のひかりあふ/岡部六弥太

初冬や灯明りに拝む厨子の像/滝井孝作

厨子の前はばかり通る月の客/後藤夜半

厨子を負ひ尼が喜捨乞ふ花蜜柑/原柯城

厨子出たる観音と遇う秋桜/伊丹三樹彦

厨子甕の獅子立つ四隅春鳳梨/吉田紫乃

夏めくや軋るお厨子の蝶番ひ/久米正雄

夏点前鑑真まつる厨子あけて/冨山青沂

安寿の塔厨子王の塔春の雪/鳥羽とほる

寒牡丹隙間だらけの藁の厨子/川崎展宏

母がりの厨子の佛の涼しけれ/筑紫磐井

行春やたゞ照り給ふ厨子の中/水原秋櫻子

玉虫の厨子により見る薄暑かな/松瀬青々

玉虫厨子いずこの山も故郷かな/和田悟朗

白木槿厨子はまなこをかくしけり/中田剛

目貼剥ぐみ仏はなほ厨子ごもり/八染藍子

塗りたての厨子の匂へり華鬘草/名和政代

俳句例:41句目~

冬うらら玉虫厨子の明けつ放し/内田美紗

小さき~厨子に父ます十三夜/篠塚しげる

荒梅雨や厨子の奥なる潮ぼとけ/佐川広治

秋茄子へ厨子をはなれてゆきし声/上村占

夕あかりお厨子にかへる甘茶仏/多納有紀

念入りに厨子を浄めて盆用意/近藤志解成

人の世に開けてある厨子お元日/中山純子

厨子の前望のひかりの来てゐたり/秋櫻子

雨乞のお厨子を負うて登り行く/和気魯石

餅供ふ手作り厨子の中の主に/下村ひろし

かな~や濁世の荷解く厨子の前/米沢吾亦紅

花冷の厨子に触れ鳩おどろかす/殿村莵絲子

かまくらの雪のお厨子に燭を上げ/有川淳子

はつゆめの御仏は厨子出でたまふ/中村堯子

厨子の前千年の落花くりかへす/水原秋櫻子

野火のごと玉虫厨子の天女飛ぶ/野見山朱鳥

厨子に二つ障子円かのあかりとり/石川桂郎

ひとつだにこゑなく木槿ちかき厨子/中田剛

青褐雨の千手かがやく厨子びらき/三嶋隆英

ひらきたる厨子の香にふる霰かな/永田耕衣

俳句例:61句目~

厨子の扉を開けばにはか虎が雨/宮川やすし

厨子の扉をしきりに滑る落花かな/瀬野美和子

厨子よりも出でまさんとし御開帳/阿波野青畝

厨子の扉をひらくがごとく初日記/伊藤トキノ

法師蝉厨子は灯りておはしけり/五十崎古郷句集

三光鳥鳴き弁天の厨子ひらく/深海利代子「雉俳句集」

打敷も厨子も濤の絵鑑真忌/広田祝世「かつらぎ選集」

タイトルとURLをコピーしました