寸前を使用した俳句

寸前に関連した俳句の例をまとめました。

スポンサーリンク

寸前を含む俳句例

寸前を夕影走る藪柑子/裸馬

大磐の落葉滑落寸前よ/高澤良一

昇天寸前旱老婆の白日傘/森澄雄

狩の天青し発砲寸前か/兒玉南草

芝桜寸前にまで車入れ/松下康雨

発火寸前杉花粉の中の家/鳥羽夕摩

躑躅発火寸前八百八町かな/後藤章

霊通る寸前の火の河なるか/須藤徹

くづほるる寸前のこれ白牡丹/安住敦

絶壁となる寸前の枯野に日/上井正司

ノーサイド寸前トライ風の中/石寒太

絶命の寸前にして春の霜/野見山朱鳥

寸前に保つ牡丹の崩壊図/赤松ケイ子

昨日寸前今日また寸前熟れ石榴/林翔

結氷や危機寸前の身を愛せ/岸風三樓

白日は羽化寸前や梨授粉/中戸川朝人

海中へのめる寸前海鼠突く/衣川砂生

燈を赭く木工の町梅雨寸前/宮津昭彦

葉鶏頭発狂寸前かも知れず/岡田久慧

街も木も発火寸前唐辛子/藤原喜美香

俳句例:21句目~

籾殻山の飛散寸前つけし火や/鈴木勁草

寸前に雪ふる誰も彼も死に/永田耕一郎

弾け散る寸前の色いぬふぐり/柴田美佐

春日淡し古佛古木に朽つ寸前/宮坂静生

晩鐘を撞くや否や桜散る寸前/橋本夢道

水喧嘩その寸前に雨が降る/赤沼とし子

散るを待つ寸前いてふ黄を極む/岩井完司

寸前や法師蝉ふゆるばかりなり/石田波郷

泥になる寸前で醒めひきがえる/森村文子

寸前のこほろぎの音の減りに減る/斎藤玄

土間闇寸前紫紺の飛燕訪はぬ恋/香西照雄

りんだうに別れ寸前寸後の嘘/赤松ケイ子

潮離るゝ寸前ベラのなまめきて/横山白虹

枯渇寸前貯水池櫻散りもせず/下村ひろし

星になる寸前の猫に蚤生まる/夜基津吐虫

風化寸前寝墓冬萌に擁かれて/加藤知世子

湯覚めせる寸前骰子を振つてをり/鈴木鷹夫

甘藷煮える寸前の子のしづかさよ/志村玉蜂子

死の寸前冬日の中まで見えるかも知れぬ/細谷源二

タイトルとURLをコピーしました