横たわる(たえる)を使用した俳句

横たわる(たえる)に関連した俳句の例をまとめました。

スポンサーリンク

横たわる(たえる)を含む俳句例

悪童のごとく旗の横たはる/頬

月蒼き氷河長身横たはる/有働亨

横たはる枯草堤大空に/京極杞陽

花枕して黒揚羽横たはる/上野泰

桐一葉落ちて心に横たはる/白泉

大鮪姨捨駅に横たはる/安西閑山寺

黄熟の麦横たはる阿波郷/伊藤敬子

水鳥や安房夕浪に横たはる/秋櫻子

横たはる三河の山や初茜/岡島礁雨

灰皿に灰横たはる終戦日/高澤良一

秋草を圧して白馬横たはる/日原傳

荒鵜のうしろに海の横たはる/原裕

傷深く受けて筍横たはる/保坂リエ

六斎市雪に真鱈の横たはる/松本進

老幹の横たはるあり夜の梅/高野素十

夜寒星橋立ほのと横たはる/西山泊雲

横たはる礁はそれと夜光虫/高濱年尾

横たはる様は涅槃の自然生/高澤良一

不確な世に短日が横たはる/保坂リエ

横たはる脳死のわれか梟か/芳田照代

俳句例:21句目~

無防備に横たわる彼晩夏光/高澤晶子

横たはる束稲山や鷹わたる/山田千恵

春の昼生傷をもち横たわる/森田智子

月明り服は人着て横たわる/鳴戸奈菜

鮭打ちし棒月光に横たはる/鈴木節子

農具市見て春草に横たはる/金子蜂郎

たなばたの天横たはる廓かな/後藤夜半

ひび割れし木の横たはる南風/広瀬直人

臥てみれば天に鶏頭横たわる/川崎真彌

不知火にムー大陸の横たわる/五島高資

任侠の目をして鮟鱇横たわる/沢田改司

六月が牛のごとくに横たはる/松尾隆信

花ざくろ海坂庭に横たはる/佐野まもる

螢かご月なき山河横たはる/柴田白葉女

巣立ちたる燕に大河横たはる/山田弘子

捨てられて月の芒の横たはる/宮津昭彦

春の島なんでもなくて横たはる/桂信子

望の夜を吹かねば笛の横たはる/朔多恭

横たはる梁やさびゆく串岩/米澤吾亦紅

歩く昼横たわる夜の杉花粉/林田紀音夫

俳句例:41句目~

水餅のやうに氷河の横たはる/高澤良一

夕顔の実の横たはる国家かな/鈴木伸一

濡れ髪を木枕に海女横たはる/関口祥子

濤沸湖夏野に沿ひて横たはる/清崎敏郎

横たはる麦打棒をまたぎ行く/堤俳一佳

磨かれて寒九の杉の横たはる/笹井武志

空制しきて横たはる凧の武者/木村/勇

綱引の綱の疲れて横たはる/柴野みちゑ

胸裡にも梅雨前線横たはる/相生垣瓜人

ぼろのごと放つちやれ鮭の横たはる/林火

四月なのか、重金属の横たはる/木村聡雄

山河としてくちなわは横たわる/北川邦陽

伐りし竹青さまさりて横たはる/右城暮石

瀧浴びし人やはらかに横たはる/長谷川櫂

磨かれて杉の寒さの横たはる/黒坂紫陽子

自然薯がおのれ信じて横たはる/中村汀女

船虫に手擦れの櫂の横たはる/藤田れい子

横たわる河豚に中りし寝棺かな/河野静雲

涅槃図を見て来し吾も横たはる/杉山岳陽

横たわる父に秋陽の西夏文字/平井久美子

俳句例:61句目~

箸の木や伐り倒されて横たはる/三橋敏雄

夏川や死後とは知らず横たわる/和田悟朗

近く鎖の音して海が横たわる/林田紀音夫

横たはる鉄砲百合よテロなくなれ/津島/圭

枝打ち鎌冬陽を曲げて横たはる/長谷川秋子

除夜の門に出でて一路の横たはる/皆吉爽雨

蒲公英や鮫あげられて横たはる/水原秋桜子

初夏や母も美田も横たわる/佃悦夫「身体私記」

夏山や雲湧いて石横たはる/正岡子規「子規句集」

俳句作品例
スポンサーリンク
俳句季語一覧ナビ
タイトルとURLをコピーしました