肝胆を使用した俳句

肝胆に関連した俳句の例をまとめました。

スポンサーリンク

肝胆を含む俳句例

人日の肝胆沈む枕かな/宇多喜代子

鳰とも肝胆を照らし合ふ/綾部仁喜

麦秋の肝胆ふかき首二つ/栗林千津

肝胆のごとき二タ山薄紅葉/矢島渚男

おでん酒酌むや肝胆相照らし/山口誓子

夏富士を肝胆として仰ぎけり/松山足羽

神の留守肝胆荒塩よくこぼす/早瀬恵子

肝胆に鳴き変りゐし夜の静寂/稲畑汀子

身に沁みて肝胆照らす幹二つ/斉藤美規

首切られ鶏飛ぶ肝胆照らす春/坪内稔典

かげろうや肝胆ふかき猫と居る/和田悟朗

ふらここを漕ぎて肝胆相照らす/奥てるを

肝胆を濯がむとして水葱の岸/正木ゆう子

裸木となりて肝胆照らし合ふ/金箱戈止夫

さくら咲き肝胆暗く病めりけり/野見山朱鳥

棕梠の葉が肝胆くだく夜の北風/田川飛旅子

牡蠣鍋に肝胆照らすこともなし/後藤比奈夫

通草食ふ肝胆をほのくらくして/正木ゆう子

俳句作品例
スポンサーリンク
俳句季語一覧ナビ
タイトルとURLをコピーしました