船頭を使用した俳句

船頭に関連した俳句の例をまとめました。

スポンサーリンク

船頭を含む俳句例

船頭の鼾を逃る蛍かな/燕史

船頭の耳の遠さよ桃の花/支考

蛍見や船頭酔ふて覚束な/芭蕉

船頭の呼声長し時鳥/正岡子規

一村は皆船頭や磯千鳥/正岡子規

船頭に浮巣も水の道標/江川虹村

船頭の娘が美しや祭船/西村和子

船頭の喧嘩はすんて蛙かな/遊也

船頭の罵る聲や夕時雨/会津八一

船頭のはだかに笠や雲の峰/其角

都鳥囀つて曰く船頭どの/正岡子規

夕立の沖には裸船頭かな/藤野古白

船頭も饂飩打つなり五月雨/泉鏡花

宵月に船頭泳く揚場かな/尾崎紅葉

船頭のくさめに騒ぐ千鳥かな/也有

船頭は此名もしらず沖膾/正岡子規

春風や船頭唄ひ櫓が軋り/鎌倉啓三

朝霧や船頭うたふ最上川/正岡子規

水深を船頭に訊く西行忌/鈴木鷹夫

船頭の閨の裏白青かりし/鈴木太郎

俳句例:21句目~

船頭の西瓜を切るや涼船/正岡子規

船頭の背で川渡る天道虫/引地冬樹

船頭の毛脛まぢかに涼み舟/桂信子

鳰の巣や水郷を守る老船頭/岸/信子

凩や船頭も見えずはしり船/正岡子規

分る根に船頭待たす牡丹かな/春/鴻

惰け日の河船頭よ鶏頭花/中塚一碧樓

月見舟船頭土手に上りをり/丸山綱女

耳遠き船頭とゆく夜釣かな/鈴村寿満

舟あつし船頭見えず一夜酒/正岡子規

船頭が座布団かかへ冬菜畑/山尾玉藻

船頭と月見あかしや肴きれ/高井几董

船頭に犬ついてくる菊日和/足立香織

船頭のしやつ面撫づる柳哉/幸田露伴

船頭の唄の吹かるゝ真菰風/平山愛子

船頭の声のやさしき蓮見舟/柏原眠雨

船頭の来ること遅し月見舟/野村泊月

船頭の棹とられたる野分哉/蕪村遺稿

船頭の浄め塩して花火舟/高野フジエ

船頭の浮巣に戻す二タ三棹/山田弘子

俳句例:41句目~

船頭の風に吹かるゝ新酒哉/正岡子規

船頭は瀬田の子供ぞ水の月/浜田酒堂

船頭や陸へ出る日を衣がへ/正岡子規

鵜の法被着し船頭や流灯会/片山浮葉

蘆の花船頭水の上に老ゆ/山口超心鬼

雪の日や船頭どのゝ顔の色/榎本其角

船頭のにはかに動く夜涼かな/長谷川櫂

船頭に乞とるめしやことし米/黒柳召波

紅花摘唄船頭がうたふ水の秋/青木重行

船頭の舟には居らず蝉のこゑ/正岡子規

船頭の蓬団子を買へと言ふ/瀧澤伊代次

船頭の地下足袋さやに舟下り/高澤良一

船頭の鼾を逃ぐるほたるかな/五車反古

津山船頭町咲きしぶる櫻かな/大木孝子

春の海船頭起きて真帆あがる/藤野古白

船頭の山に上りしあつさかな/正岡子規

船頭の唄のよろしき雪見かな/斎藤梅子

船頭の律義かはゆき月見かな/立花北枝

船頭我れ施餓鬼の舸子を仕る/猪子水仙

船頭酔ふて月明の船にもどる/大橋裸木

俳句例:61句目~

藻の花に小便をする船頭かな/藤野古白

船頭の昼寝覚むれば夕御祓/岡本癖三酔

ほととぎす馬追船頭お乳の人/上島鬼貫

船頭の潮やけ声ののどかなる/村沢夏風

いくたびも船頭にちる花あふち/手塚美佐

涼しさや帆に船頭のちらしがみ/榎本其角

夕雁仰ぐ後ろに立てる船頭かな/野村泊月

着ぶくれて船頭潮にさからはず/木村里風子

ほたる見や船頭酔うておぼつかな/松尾芭蕉

船頭帽子かぶつて冬夜の雑踏へ来た/大橋裸木

船頭よ小便無用浪の月/一茶/寛政四年壬子

船頭の石炭がよく燃えて夜汐があげる/橋本夢道

俳句作品例
スポンサーリンク
俳句季語一覧ナビ
タイトルとURLをコピーしました