峰入りを使用した俳句

峰入りに関連した俳句の例をまとめました。

スポンサーリンク

峰入りを含む俳句例

峰入や又強力が顔の癖/桑風

峯入や松林の芒潭の月/滝十牛

峯入の墨鮮やかな檜笠/朝妻力

峯入や出羽三山の遅桜/工藤竹治

峯入の道々古き都かな/正岡子規

峰入や一里をくるゝ小山伏/芭蕉

山吹は峯入ちかき盛りかな/巣兆

峰入の古里衆に合流す/粟賀風因

峯入や梺の道の花の雲/正岡子規

峰入や大玄関の坊の紋/阿波野青畝

峰入や山坂花にはぐれ行/松瀬青々

峰入や百の行者の手錫杖/宮下ゆう

峰入のまづは猩々袴かな/矢島渚男

岩頭に峰入り行者印結ぶ/大原雪山

峰入や雷が残れる裏行場/円山夜白

峰入りやおもへば深き芳野山/白雄

灯点して峰入宿の三時起/土田紫牛

峯入は皆柿道人とや申す/石井露月

百人の峰入の列やり過す/松崎亭村

秋の峰入り一旦は坂下り/仁尾正文

俳句例:21句目~

峰入の杖を滴る急雨かな/水野白川

峰入の中の先達若かりし/中島枝葉

峰入の笠刎ね仰ぐ蔵王堂/山下豊水

峯入りや顔しめつける螺の口/土芳

峰入や勘弁もなき樹の雫/岩永佐保

峯入の笠を伝へる雨しづく/三村純也

土間にあむ峯入わらぢ花曇/亀井糸游

峰入りや大釜の噴く坊の宿/高村信子

峰入の斧をぬらすや春の雨/松瀬青々

峰入りの鈴の音絶えし日向水/上村占

峰入の道をせばめて箸を干す/森田峠

峯入の老いてものこる美男眉/及川貞

峰入や月夜鴉がひとしきり/藤田湘子

峯入や出羽の羽黒も桜咲く/松瀬青々

峯入の明け行顔や山かつら/正岡子規

月山の乳首を拝み秋峰入/野崎ゆり香

峰入の霧に冷えきし雨合羽/飯田京畔

峰入の吾に権限など顕たず/辻岡紀川

峰入の貸提灯を炉辺につみ/本田一杉

峰入のしるべ石より坂急に/水上花村

俳句例:41句目~

峰入りや脚拵への足を踏み/北詰雁人

峰入の老いてものこる美男眉/及川貞

竜馬像見つめる先の雲の峰/入倉智恵

峯入笹杖にむすびて坊泊り/熊谷伊佐緒

峰入のきりりと手甲脚絆かな/富田直治

峰入のどやどやと過ぐ雷の下/西村公鳳

峰入の仕度ととのふ夏炉宿/恒川ひさを

峰入の弓引きしぼる刹那かな/山口草堂

峯入や顔のあたりの山かつら/正岡子規

峰入や桜見はやす幾ところ/岡本癖三酔

峰入の雨吹き上げて来る行場/田中丘子

峰入りのうしろ姿に手をかざす/桂信子

山ざくら逆の峰入この門より/飯田晴子

峯入やもの書きつける袖の裏/正岡子規

峰入や顔のあたりの山かつら/正岡子規

清浄に峰入口の掃かれあり/山崎朝日子

峰入笠杖にむすびて坊泊り/熊谷伊佐緒

峯入りのしんがりを守る白脚絆/塩崎緑

蕨はやほどろとなりぬお峰入/楠部南崖

夜涼みや峰入衆も行き絶えし/大橋櫻坡子

俳句例:61句目~

ちょとかむる峰入笠の涼しさよ/小松虹路

峰入の泊れる坊の注連すがし/水原秋櫻子

峰入りの法螺聞えけり秋の山/藤田あけ烏

峰入や一夜吉野の花にいねし/松根東洋城

峰入の法螺ひびきあふ岩つばめ/羽田岳水

峰入りの米提げてくる鞍馬僧/野崎ゆり香

峯入の日を張り出だす風呂屋哉/松瀬青々

峰入は大仰な珠数をかつぎけり/野村喜舟

峰入の力こんにやく煮あがりぬ/高田廣稲子

草じらみつけ峯入りの列にあり/高橋よし子

著莪に立ち峰入草鞋なじまする/米澤吾亦紅

逆の峰入法螺鳴つて奥嶺霧うごく/松林到池

俳句作品例
スポンサーリンク
俳句季語一覧ナビ
タイトルとURLをコピーしました