窯場を使用した俳句

窯場に関連した俳句の例をまとめました。

スポンサーリンク

窯場を含む俳句例

梟鳴く暗い量感窯場の火/三谷昭

常滑の窯場へ女礼者かな/福田邦子

栃涼し百の窯場の益子町/中谷五秋

花杏窯場は薪を高積みに/中井啓子

草の花窯場に妻を置忘れ/鈴木鷹夫

新年会終へて窯場の唄荒し/中島花楠

沢音も窯場への道犬ふぐり/小林康治

新雪の那須岳見ゆる窯場訪ふ/伊東宏晃

木の芽晴足型減りして窯場道/田波富布

爽やかに窯場のまどの嫁ケ島/西本一都

竹の皮散るや夕日の窯場みち/坂本孝子

しぐるるや窯場窯場をつなぐ坂/宮田春重

嫁が君窯場の火照りなほ残り/安達実生子

桃咲くや素焼色なる窯場の日/黒田櫻の園

さるすべり窯場の多き美濃の国/成瀬桜桃子

火の入りし窯場打水絶やすなく/岸川鼓虫子

窯場よりオカリナ聞こゆ良夜かな/久米恵子

窯場出て枯れ鮮やかに野を占むる/河野南畦

いとど飛ぶ轆轤小屋にも窯場にも/鈴木真砂女

俳句作品例
スポンサーリンク
俳句季語一覧ナビ
タイトルとURLをコピーしました