荷車を使用した俳句

荷車に関連した俳句の例をまとめました。

スポンサーリンク

荷車を含む俳句例

荷車に踞して瓜食ふ男哉/松香

荷車の轅のくさる鬼薇/宮坂静生

炎天の荷車にさす油かな/野村喜舟

百日草百日強し荷車曳き/中山純子

荷車に娘載せけり桃の花/正岡子規

荷車の消えるまで音鎮花祭/桂信子

荷車を垂直に立て神の留守/原田喬

荷車を雨の流るる祭かな/藺草慶子

越爪の荷車大き門を入る/草間時彦

荷車の下に鶏なく野分かな/羅蘇山人

荷車の片輪はづすや蚊喰鳥/大谷句佛

荷車の轅沈めて草枯れぬ/金久美智子

荷車をこぼるる藁や春の雁/藺草慶子

荷車を曳く冬の草見続けて/齋藤夏風

逃水に驢馬の荷車浮き沈む/蟇目良雨

かぶと虫荷車の唄運んで来る/丸山嵐人

ふるさとの野の水仙と荷車と/塚原麦生

泉の辺驢馬を荷車より離す/山崎ひさを

短日の埠頭がとどむ黒き荷車/飯田蛇笏

荷車にはつかの朱色年惜しむ/宮坂静生

俳句例:21句目~

組む荷車空のまろみの生れをり/新谷ひろし

荷車捨ててある林しづかな木の芽/栗林一石路

タイトルとURLをコピーしました