天守を使用した俳句

天守に関連した俳句の例をまとめました。

スポンサーリンク

天守を含む俳句例

大阪城天守台に登りて/井上井月

お天守の中の暗さや花曇/森田愛子

弘前は天守を泛べ花万朶/佐藤鬼房

是がその御天守台か時鳥/井上井月

野遊の人見に登る天守かな/谷活東

命綱つけて天守の煤払ふ/伊藤一子

花けぶる雨の天守に鴉来ぬ/杉本寛

お天守へ高きに登る心もて/高濱年尾

青嵐より抜きん出し天守かな/草地勉

この旅の一天守一蟻地獄/赤松けい子

天守聳つ秋空この人を妻に/友岡子郷

鳥雲に天守の階のかくも急/藤田湘子

威し銃城の天守にゐて聞ゆ/宮下翠舟

三方に海見る天守雛飾る/中戸川朝人

寒月へ天守あづけて街眠る/関口祥子

日脚伸ぶ天守に聚楽行幸記/山田弘子

毬唄の中の天守を町の上/町田しげき

秋晴の天守にありし火縄銃/菖蒲あや

落葉焚く天守小さな洲本城/三次純子

天守より街の盛衰初景色/久留美智子

俳句例:21句目~

豊年や天守の床の黒光り/片山由美子

天守へ靡く和議を申すか芒の穂/河野薫

花静か天守の人語聞えつゝ/松本たかし

成人の日の天守より海を見き/伊東宏晃

花冷えや天守に白し紙燭の間/鈴木節子

初日さす天守五十の櫓統ぶ/中村たゞし

初蝶の相逢ひ天守翔けのぼる/宮坂静生

桐咲けり天守に靴の音あゆむ/山口誓子

城の天守に昔の振子休む春/田川飛旅子

夕空に恋する猫の天守かな/高山れおな

秋高し天守にすゑて遠眼鏡/小林たけし

天守まで聞こゆ農夫の花見唄/草間時彦

竿石に蟻がかがやく天守臺/下村ひろし

菊花展と天守を結ぶ飛行雲/田川飛旅子

躑躅燃え天守の四囲の家低し/宮坂静生

青あらし天守に登る草履あり/前田普羅

天守に灯ともれば出づる鵜飼船/上木彙葉

四方の景見えて天守の煤払ひ/岡部六弥太

天守までのぼる間ふりし春霰/秋元不死男

天守より夜々の白火見ゆるらむ/西村和子

俳句例:41句目~

天守より巣立つ会津の雀かな/金子つとむ

天守より更に顔あげ春惜しむ/赤松ケイ子

天守より胡麻と見ゆるは残り鴨/今泉貞鳳

天守より降りる足裏に花の冷え/松下金鹿

梅東風に翔ちたる鳩の天守越ゆ/芦刈靖子

天守より月に投げたる絵皿かな/大屋達治

涼しさや天守へのぼる木の階段/相馬沙緻

渡り鳥木の天守には木の手摺/百合山羽公

まつ先に天守に喜雨や伊賀上野/福沢義男

天守遅日人をこぼさぬ金網よ/天野莫秋子

葉桜や天守さびしき高さにて/上田五千石

春の海むかしのごとく天守より/山口青邨

こがらしの吹よはりたる天守哉/加舎白雄

天守より脚垂れ涼み山河あり/平井さち子

雪渓の遠嶺そびらに天守立つ/広田恵美子

天守にてふくら雀となりにけり/丸山澄夫

鳥雲に天守にてなほ爪立ちぬ/小泉八重子

道をしへ天守きはめて何ありと/橋本榮治

天守見て雲見て秋めくことを言ふ/石川文子

ゆくところどこも秋天に天守あり/吉野義子

俳句例:61句目~

天守二つつなぎし視野を鷹渡る/伊藤まさ子

べら釣るや天守は山の上に小さく/中塚黙史

雲に近き天守で吹かれし髪洗ふ/平井さち子

天守見ゆさくらと雨にけぶりつつ/大島民郎

青梅雨や天守泰けき灯をともす/大南テイ子

天守より雲へはたはた放つ子よ/竹中碧水史

ゆふべ見し鵜川を天守よりのぞく/岸風三樓

天守仰ぐは/ひとつの嗟嘆/男の旅/早川邦夫

皮コート天守の闇を曳き出づる/鍵和田ゆう子

俳句作品例
スポンサーリンク
俳句季語一覧ナビ
タイトルとURLをコピーしました