頂を使用した俳句

頂に関連した俳句の例をまとめました。

スポンサーリンク

頂を含む俳句例

花氷頂の色何の影/原石鼎

頂に春の岩群膝吹かる/原裕

雪残る頂一つ国境/正岡子規

頂に花一つつけ秋茄子/原石鼎

頂へ道の集まる初詣/高澤良一

頂へ踏青の道馬の径/遠井俊二

頂の神事は知らず山開/森田峠

星流る天覧山の頂に/山口素基

春山の頂近く開墾す/高濱年尾

絶海の島頂に枯すすき/品川鈴子

春風に頂渡る禅師かな/野村喜舟

頂に出て茸空し昼の月/野村泊月

枯松の頂白き月夜かな/前田普羅

万燈は頂の花地に崩す/古舘曹人

初富士の朱の頂熔けんとす/青邨

頂に噴煙載せて山笑う/宮成鎧南

残照に頂染めて山眠る/柳下孤村

囀や洛の内チの華頂山/尾崎迷堂

頂や残んの雪の一握り/平塚蕗山

大峯の頂暮れず蓼の花/角川春樹

俳句例:21句目~

大穹に鶏頂山の白鶏冠/高澤良一

頂へ逆立つ樹氷奥信濃/三栖隆介

頂は祠一つや四方の春/木野泰男

頂の炎の歓喜牡丹焚く/大橋敦子

頂の泰山木の花に逢ふ/殿村莵絲子

お山焼火は頂を皆目指す/磯野充伯

とどまれる波の頂初昔/正木ゆう子

頂の湖の真晴や山眠る/東洋城千句

頂へ峰焼く煙たゝなはり/高橋馬相

元朝の焼嶽の頂蓮華座に/宮武寒々

君子蘭蟻頭をふりて頂に/加藤楸邨

噴水の頂の水落ちてこず/長谷川櫂

夏山や二三枚の田を頂に/前田普羅

春虹の頂見んと森を出づ/溝口青男

月山の頂にある夏炉かな/岸本尚毅

梅雨雲を頂にして八ケ岳/高木晴子

水仙を頂にして堤成る/中戸川朝人

寒食や頂まろき双子山/星野麥丘人

頂につらなる雪に厩出し/前田普羅

錆鮎や頂見えぬ山ひとつ/児玉輝代

俳句例:41句目~

頂に神話の碑あり雲の峰/木津凉太

頂に西日残せり秋の山/大場白水郎

頂に遊べる馬や萱を刈る/河野静雲

頂に駕籠を置きたし冬桜/星野紗一

頂の山火かくさず鹿の杜/古舘曹人

まぶしかり雲頂庵の白牡丹/高澤良一

頂に山の日のこる桐の花/佐藤美恵子

春蝉や頂を指す道のあり/深川正一郎

韓国の頂見えて滝かかる/小原菁々子

頂に雪来る暗さかも知れず/山田弘子

頂にたてば海見え山笑ふ/成瀬正とし

頂に鷺がとまりぬ梅雨の松/前田普羅

臘八や老師は須弥の頂キに/尾崎迷堂

春暁や紫焔紅焔富士の頂/徳永山冬子

摩天楼の頂に秋来てゐたり/長谷川櫂

手始めに山の頂もみずれり/高澤良一

頂に家かたまれり梅の村/五十嵐播水

尺蠖の頂礼大地しづかなり/嶋田麻紀

初富士の頂丸く友が住む/吉平たもつ

夢窓忌や頂相となす円相図/渡辺大円

俳句例:61句目~

塔頂に競うて揚羽異界より/和田悟朗

めぐる春頂愚な妻で生き了ふや/及川貞

樹種ごとに異なる芽生え頂も/雨宮抱星

頂に湖水ありといふ秋の山/河東碧梧桐

頂ならぶ越の雪山きのこ取り/川崎展宏

頂のしばしを霧に馴れ憩ふ/石橋辰之助

頂の夕日わづかや雪の嶺/長谷川かな女

頂の雪澄みわたり秋立ちぬ/池内友次郎

頂は日射す風樹や蝉音籠る/中戸川朝人

麦藁帽に頂のある日暮かな/大木あまり

あまつ日に頂裂けぬ秋の島/長谷川かな女

雪の香濃し頂近くわが香失す/加藤知世子

雄阿寒の頂吹雪きユーカラ織る/野崎ゆり香

英彦山の頂に置く夏帽子/松尾隆信「菊白し」

食べるものある茶屋もあるかに頂見ゆれ/栗林一石路

俳句作品例
スポンサーリンク
俳句季語一覧ナビ
タイトルとURLをコピーしました