納骨を使用した俳句

納骨に関連した俳句の例をまとめました。

スポンサーリンク

納骨を含む俳句例

納骨や黄落極む本願寺/大橋敦子

納骨といふ旅立の嫁菜飯/山田弘子

草花や納骨堂に参りけり/直木燕洋

御納骨すみし高野の花の雨/田中英子

納骨にゆく逃げ水を追ひ続け/今井聖

納骨のあとの渇きに蟻地獄/横山房子

納骨のまた酒となる寒さかな/青陽人

納骨の人ら斑雪の端ゆけり/村越化石

納骨の日向ぼこりの中にをり/岸田稚

納骨の済みて冬至の細き月/山田閏子

納骨を終へ皆無口日の盛り/香下壽外

蚊遣香のひとすぢの青納骨日/中拓夫

万緑や抱きしめてのち納骨す/法水有里

納骨のひとあとさきに蕗の薹/高井北杜

納骨の双膝をつく夏至の砂/鳥居美智子

納骨は最後の訣れほととぎす/樹生和子

雪を踏み納骨の山振りむかず/成田千空

稲妻消えし闇に闇あリ納骨洞/加藤知世子

納骨の膝つけば瑠璃いぬふぐり/さぶり靖子

かたばみは踏まるる花か納骨す/鍵和田ゆう子

タイトルとURLをコピーしました