秘仏を使用した俳句

秘仏に関連した俳句の例をまとめました。

スポンサーリンク

秘仏を含む俳句例

時流れ時滞り秘仏たり/和田悟朗

初寅の秘仏の扉開きけり/野沢翠葉

木喰の一期の秘佛雁渡る/古舘曹人

秘仏立つ四葩の玉は風車/古館曹人

常闇に秘佛蚯蚓の唄きこゆ/宮坂静生

御開帳秘仏のいたく蝕まれ/岩男微笑

雪塊に秘仏の扉微動なし/赤松けい子

春陰や秘仏の耳の大いなる/相島虚吼

五月闇秘仏の闇は別にあり/井沢正江

開帳のまこと小さき秘仏かな/佐藤愛

鉈彫の秘仏はくらし初薬師/北澤瑞史

匂ひ立つ女身の秘仏青葉闇/桑原淑亘

国宝の秘仏は見せず桐の花/高橋絹代

金湛へ秘仏くろずむ夕花菜/荒井正隆

覗きみて秘仏小さし新樹光/都筑智子

蛙鳴く闇夜秘仏に鍵を垂り/松村蒼石

爽やかや秘仏は天に弓構へ/笠間文子

鶯やこゝに秘仏の暗けれど/岸風三楼

帰り花秘仏の扉開け放つ/松尾崎明美

青柿や秘仏小さき円通寺/加藤三七子

俳句例:21句目~

行く秋や秘仏は紅をさし給ふ/原田青児

衣更露坐仏のごと秘仏のごと/平井照敏

万緑や秘仏を照らす燭一つ/青野江津子

二日はや秘仏にかへる薬師仏/北澤瑞史

逝く秋や秘仏は紅をさし給ふ/原田青児

初蝉や草のにほひの秘仏寺/柏原日出子

包まれて秘仏のやうな虫鬼灯/小野浩子

里山の秘仏へつづく曼珠沙華/大石英子

天井に貂棲むといふ秘仏かな/三嶋隆英

太子会の夢殿秘仏現じけり/水原秋桜子

開帳の岩屋の秘仏ほのぼのと/高山松男

開帳の東風に吹かるゝ秘仏哉/正岡子規

梅雨秘仏朱唇最も匂ひける/水原秋櫻子

秋の蚊の声を秘仏の声かとも/鷹羽狩行

初花を秘仏のごとく仰ぎけり/高橋沢子

秘仏とは女体なるべし稲の花/佐藤鬼房

秘仏の扉開かず沈丁匂ひくる/加古宗也

秘仏見し刻還らざる枯野ゆく/井沢正江

肩越しに覗きし秘佛のうぜん花/石寒太

苔咲いて秘仏ぞ在す中尊寺/石川星水女

俳句例:41句目~

蓮如忌に寸の秘仏を伏し拝む/黒田甫水

さくら散る秘佛の裏面たひらなり/渋谷道

だまり鵙秘仏観し眼を重くしぬ/河野南畦

伊予柑を供へて永遠に秘仏かな/岸本尚毅

寒餅や秘仏に逢ひし夜は飢ゑて/井沢正江

菊の香の闇や秘仏の曲線見ゆ/加藤知世子

秘仏見し溜息いくつ蓮ひらく/加藤知世子

秘仏観て若狭の牡蠣の膳にあり/徳橋文室

貝寄風や秘仏にそなふ酒その他/角川春樹

遅日光御手たをやかにうけたまふ/秋櫻子

暗がりにあるから秘仏彼岸冷え/尾関乱舌

秘仏とて照葉あかりに拝しけり/高村寿山

開帳や秘仏の肩のうすぼこり/有馬くに女

春陰の秘仏花弁の御手を欠く/赤松けい子

帰り花秘仏開扉をよろこべり/稲垣きくの

頬に手を秘佛も秋を傷むかな/成瀬櫻桃子

少年めく少女尼秘仏の昼のなか/伊丹公子

夢殿灼け秘仏は秘して見せざりき/塩川雄三

室の独活秘仏拝するごとくにも/岡崎登志子

秘仏の扉閉ざして暗し沙羅の花/八幡城太郎

俳句例:61句目~

火傷負いし秘仏が在わす海紅豆/丸山ただし

紅萩のほころび唇の秘仏にあふ/加藤知世子

栗の花きしみて閉ざす秘仏の扉/柴田白葉女

玲瓏たる冬日秘仏に焦がれ逢ふ/稲垣きくの

開帳の秘仏のおん眼ぬぐひけり/福島せいぎ

次ぎつぎに見つかる土筆秘仏見て/鍵和田ゆう子

遠き灯は秘仏のごとし青葉木菟/和田耕三郎「燃」

秘仏拝めば椋群るゝ杉のすてつぺん/長谷川かな女

端午開扉す怒りたまへる秘仏なり/水原秋櫻子「旅愁」

俳句作品例
スポンサーリンク
俳句季語一覧ナビ