恐竜を使用した俳句

恐竜に関連した俳句の例をまとめました。

スポンサーリンク

恐竜を含む俳句例

遠足の列恐竜の骨の下/山尾玉藻

恐竜の卵の中の海荒れて/藤森清子

恐竜の卵抱きてラガー来る/後藤章

恐竜の喉に触って聖五月/松本恭子

恐竜を想えば伸びる冬の首/中田美子

少年にジュラ紀の涙/恐竜展/森早恵子

恐竜の背中は藤の咲くところ/五島エミ

春雪床上火竜と血吐き切る/中村草田男

いまは最後の恐竜として永き春/高柳重信

かんじきの歩幅は恐竜の重さで/津田清子

恐竜には致死量の憂愁だったか/松本恭子

恐竜のなかの夕焼け取り出しぬ/あざ蓉子

虹を呑みほせずに首長竜ほろぶ/鎌倉佐弓

幼年期の子と立つ/恐竜の黙へ来て/伊丹啓子

昼寝して恐竜の角よぎる夢/寒暑/七月-九月

恐竜のかじった青空アザミの悪寒/野ざらし延男

恐竜的存在として賀詞述ぶる/ぱらりとせ/新年

このまま死ねば宵つぱりの恐竜で春の日/加藤郁乎

恐竜が突然滅ぶそのやうなことがあつてもいいかもしれぬ/香川ヒサ

タイトルとURLをコピーしました