髪を使用した俳句

髪に関連した俳句の例をまとめました。

スポンサーリンク

髪を含む俳句例

穂俵を髪に尺とる娘哉/凉進

樽神輿髪洗橋渡り行く/龍雨

人形の髪梳り冬籠/後藤夜半

水引で髪ゆふ姫や更衣/李由

百千鳥髪梳く女肌ぬぎに/裸馬

朝寝髪梳りみる東山/田中冬二

疾走す緑の髪の青嵐/高澤晶子

長身の肩へ豊髪夏柳/香西照雄

七夕や男の髪も漆黒に/草田男

梳る髪の根熱し青嵐/葭葉悦子

療院の露台の女髪乱れ/上野泰

秋風や無禄蓬髪大頭/石原八束

稲妻の門で髪梳く女かな/存義

髪若し夜学は雨月物語/上村占

鱒青み旅の乙女の髪短か/原裕

手へしたむ髪の油や初氷/太祇

髪生えて容顔青し五月雨/芭蕉

鶯や髪結うて居る朝飯後/篠原

髪洗ふ女百態その一つ/高浜虚子

髪洗ふ夫が何か割りし音/南/水

俳句例:21句目~

春一番髪逆立てゝ峡をゆく/青砂

身の丈の髪の昔や菊枕/鷹羽狩行

七夕や水髪結ぶ町娘/高橋淡路女

狂ひても女茅花を髪に挿し/鷹女

肩過ぎぬ髪の姿やかつら草/雲化

十六夜の黒からぬ髪梳り/桂信子

命日を髪結あそび菊膾/後藤綾子

髪結ふて花には行ず蚕時/炭太祇

髪むすぶ天井高き花の宿/大高翔

子の髪の藁の匂の巴里祭/齋藤玄

爪髪も旅のすがたや駒迎へ/荷兮

暮秋の鬢髪吹かれ寺男/石原舟月

夜も流る雲の分身髪洗ふ/原和子

見台に髪ゆふうちの火燵かな/毛

髪つんで頭の風や夕涼/正岡子規

何の灰海べの髪へ秋彼岸/上村占

水玉は華厳の螺髪瀧頭/高澤良一

髪赤き鞴祭の刀鍛冶/鈴木登代子

髪かつて頭ちひさき秋袷/上村占

瀧風に煽られし髪梳る/仙田洋子

俳句例:41句目~

麥を蒔く束髪娘京近し/正岡子規

三十の髪の衰へ椎落葉/栗原米作

行春や娘首の髪の艶/水原秋櫻子

飄客の束ね髪なり雪景色/小澤實

風ふけば髪束ねたし芒原/渋谷道

額髪に春の嵐の蓮根掘/石田波郷

上布着て髪を真結に島媼/轡田進

石畳径ひろひに髪涼し/石川桂郎

髪長く神を慰む初神楽/山口誓子

髪赤き若者寝落つ月の駅/石寒太

五月雨や朝行水のたばね髪/洛翠

桜狩せむとて華髪雲の中/岸田稚

日遠く桑切る二人の髪/喜谷六花

山伏の髪すきたてて夕涼み/許六

炎帝の怒りに我の髪乱れ/上野泰

布浅黄女人遍路の髪掩ふ/草田男

髪触れて恐竜図鑑読始め/河野真

手術後の初の入浴髪洗ふ/新純子

蚊屋くゞる女は髪に罪深し/蕪村

庭さきに暑し芒の亂髪/正岡子規

俳句例:61句目~

春眠の三人の子の髪真黒/上野泰

美しく結ひたる髪に田植笠/鶏二

蚊屋くぐる女は髪に罪深し/太祇

明朝に切る髪洗ふ丹念に/遊/菜

鬼灯や振分髪の昔より/寺田寅彦

麦秋や若者の髪炎なす/西東三鬼

紐咥へ髪結ひなほす冬泉/岡本眸

一握の髪美しき十夜婆/近藤一鴻

朝の髪結ふ肘高く柿若葉/岡本眸

春隣燈下子の髪漆黒に/加畑吉男

暖かや人形の肩埋む髪/大熊輝一

畦焼けば少年の日の髪匂ふ/林桂

朝寝髪桜にこほる素顔かな/言水

欄や髪の扇に年行く日/上島鬼貫

朝皃や髪結がしる花盛/井原西鶴

摘草や髪と裳裾に風みゆる/舗土

立冬や螺髪の渦に塵たまり/黛執

畑手入れ一段落と髪洗ふ/須川峡生

一葉忌乙女の髪の赤鬘/百合山羽公

膝付いて母の髪梳く栃の花/小平湖

俳句例:81句目~

七夕や髪に結ひこむ藤袴/富田木歩

羽織着て逆髪詣もう寒く/富安風生

今も髪伸びている百物語/二村典子

髪結ふて古風な人の扇哉/正岡子規

髪結の桜の噂したりけり/羅蘇山人

訪ね来る髪美しき松の内/中谷朔風

悲しみの諦めとなる髪洗ふ/上野泰

淡雪を男の髪に艶と見る/富安風生

悴める妻毎日の髪結へり/森川暁水

羽抜鶏吾も患ひ髪失せし/品川鈴子

めでたきも女は髪の暑サ哉/炭太祇

万緑の底を歩きし髪湿る/森澤照子

懐手この蓬髪に悔なきか/高柳重信

扇風機髪も乱れず上布寂び/及川貞

行く春や娘首の髪の艶/水原秋桜子

蟻地獄女の髪の掌に剰り/石川桂郎

月明に賜いし男の子髪黒く/三谷昭

春炬燵妊りの髪重く見ゆ/宮津昭彦

髪結に持病を語る火鉢哉/会津八一

手拭に包める髪や霞む旅/野村喜舟

俳句作品例
スポンサーリンク
俳句季語一覧ナビ
タイトルとURLをコピーしました