手品(師)を使用した俳句

手品(師)に関連した俳句の例をまとめました。

スポンサーリンク

手品(師)を含む俳句例

失敗の手品の紐や養花天/攝津幸彦

巴里祭定番鳩の手品かな/高澤良一

貝寄する風の手品や和歌の浦/芭蕉

呑で吐く炭団の嘘や辻手品/会津八一

秘めてある手品の種や年忘/田中高志

いんちきな手品も楽し芙蓉蟹/筑紫磐井

冷房やカード真白となる手品/松本美簾

初席の木を積む日本手品かな/生田高子

敬老日手品の紐が突つ立つて/永島紀子

種あかす手品などみて目借時/高澤良一

蕗の薹手品のごとく鞄より/佐藤美恵子

長兄の手品はいつも薔薇が出る/仁平勝

シクラメン手品のやうに花咲かす/樋笠文

手品してみせる牧師やクリスマス/土井治

手品にも芸風ひらひら春めく指/高澤良一

露の身や手品のごとく壷に入る/新井利昭

フィナーレの手品のごとく蜜柑落ち/森田昇

朱欒など手品のごとく出しけり/佐怒賀正美

母の樹や手品のごとくめじろ出す/中尾和夫

買つて来てなまじ手品の種夜寒/久保田万太郎

タイトルとURLをコピーしました