凡夫を使用した俳句

凡夫に関連した俳句の例をまとめました。

スポンサーリンク

凡夫を含む俳句例

十夜講堂上埋む凡夫の頭/高澤良一

煮凝や凡夫の妻の観世音/日野草城

十夜講凡夫に交り尼ごぜも/高澤良一

妻われを凡夫といへり蜆汁/辻田克巳

神護寺の紅葉明りに一凡夫/高澤良一

荒凡夫土用太郎の波起こす/高澤良一

鴫たつや凡夫家路のいそがるる/白雄

蓮散りてめでたきものは凡夫かな/吾空

谷間谷間に満作が咲く荒凡夫/金子兜太

顛倒せる蝉の太っちょ一凡夫/高澤良一

こなれよき凡夫の腹や智慧の粥/松瀬青々

凡夫たり茉莉花の香を強く嗅ぎ/攝津幸彦

凡夫わが妻の足揉む夜長かな/樋口玉蹊子

寒食や凡夫の立てるひざがしら/飯田蛇笏

弥陀の前凡夫まろびて涼をとる/石飛如翠

鷹の威に凡夫は小さく薪割りて/細谷源二

汝もわれも凡夫の息の白きかな/久保田万太郎

黒衣一枚、凡夫である私が歩いている/住宅顕信

水中りしてゐる凡夫凡婦かな/三田きえ子「初黄」

花ちるや末代無智の凡夫衆/一茶/文政二年己卯

俳句作品例
スポンサーリンク
俳句季語一覧ナビ
タイトルとURLをコピーしました