笑むを使用した俳句

笑むに関連した俳句の例をまとめました。

スポンサーリンク

笑むを含む俳句例

大黒や松に引かれて子日笑む/昌夏

死の側で笑む桂郎や秋の暮/斎藤玄

初夢や秘して語らず一人笑む/松宇

失禁と母笑む山の蕎麦畑/蓮田双川

受口に小面の笑む初座敷/大橋敦子

大服やほゝゑむ父が古袴/水落露石

黄檗の放参に笑む月まるし/伊達外秋

金風の翳す仏顔ほのに笑む/臼田亞浪

白桃や死に損ひし妻が笑む/鈴木鷹夫

大奥は満員柘榴笑むばかり/櫂未知子

遺影笑む秋燈の陰ありながら/森田峠

鼻柱うすら埃を浴びて笑む/和田悟朗

茗荷竹佛の母笑むばかり/木附沢麦青

太陽のほほゑむ水に椿落つ/村井二郎

おかめ笑むほどの福請ひ酉の市/林昌華

笑むことが父の言葉や三葉芹/新井娃子

ころがりて羅漢像笑む苔の花/青島忠雄

にらむ顔ほほ笑む顔や豆の花/新小田学

旅にして棉笑む風の北よりす/臼田亞浪

野火あがる空の渚に亡者笑む/石原八束

俳句例:21句目~

三椏や子連れ夫婦の笑む如く/河合由二

蝉声の一日ながしこけし笑む/桜井博道

美女病みて水族館の鱶に笑む/西東三鬼

笑む遺影無神論者よ花ミモザ/山本歩禅

卒業子ならびて泣くに教師笑む/森田峠

朝涼を笑む島の娘の糸切歯/中村草田男

六地蔵お顔みな似て花下に笑む/平松三平

めうがの子ぞくぞく生れ国師笑む/上村占

中年工女冬日笑むごと弁当開く/岩田昌寿

仏陀笑むおぼろに黐の花振りて/内田秀子

初金毘羅一刀彫で恵比須笑む/砂井斗志男

口裂かるるまでは凡人青栗笑む/香西照雄

折よしと花もほほ笑む軒端かな/上島鬼貫

転んでもおきてもゑむ子春の草/橋本榮治

春潮の彼處に怒り此處に笑む/松本たかし

聾青畝ひとり離れて花下に笑む/高浜虚子

草餅を夢みてや笑む覚めであれ/野村泊月

露の世の約束反故に遺影笑む/山崎千枝子

露人キム冷えびえと笑む神の如/攝津幸彦

こぼれさうに恋の断片石榴笑む/古市絵未

俳句例:41句目~

ほゝ笑むや妻なきあとの二日月/萩原麦草

生身魂ほほゑむ姉となりにけり/鈴木公二

十王の笑むとし見れば木の実落つ/臼田亞浪

凍てに寝て笑む淋しさを誰か知る/飯田蛇笏

日に三度笑むと決めたる小春かな/大木秋子

花ほつほつ座像西行唇辺笑む/鍵和田ゆう子

内裏雛どこへも行けぬ母に笑む/大柄輝久江

寒木瓜のゆるみほほ笑む蕾かな/松本たかし

スチームや壁で女人のヌード笑む/長江孝美

笑む少女あけびの種をもてあます/加藤楸邨

いなづまの機微にほほゑむ不識庵/筑紫磐井

塩辛蜻蛉の汚れし翅を笑むごとく/高澤良一

句があるぞ聞けとわれ笑む春の山/幸田露伴

蓬摘み死なばほほゑむ唇ならむ/河原枇杷男

笑む柿にすっぽりつつみこまれけり/高澤良一

天瓜粉に笑むや二つのさきがけ歯/阿波野青畝

沈丁花「来たか上れ」と笑む遺影/森田ていじ

あせもしてまだ若きかとほくそゑむ/長山順子

シルクロード目が合へば笑む西瓜売/佐々木靖子

ひげ剃りつ笑むことつたなき顔と思ふ/田中史郎

俳句例:61句目~

隣り児の去にがてに笑む夕山吹/飛鳥田れい無公

地下足袋凍る徹夜の君ら会えば笑む/鈴木六林男

遺影笑むかぎり夜なべの止められず/後藤比奈夫

ちらと笑む赤子の昼寝通り雨/秋元不死男「万座」

涼しさや何にほほゑむ女体仏/加藤楸邨「沙漠の鶴」

みどりのおばさん噴水に頭を越されて笑む/磯貝碧蹄館

みどり子の甘き肉借りて笑む者は夜の淵にわれの来歴を問ふ/米川千嘉子

タイトルとURLをコピーしました