薄明を使用した俳句

薄明に関連した俳句の例をまとめました。

スポンサーリンク

薄明を含む俳句例

秋深の観音堂の薄明/藤田静水

薄明や水のなかにも猫柳/桂信子

消壺の庭に薄明人の国/斎藤愼爾

梅に瞠く薄明の母の眸か/桂信子

母細眼薄明界の野に遊び/桂信子

薄明の霙を過ぐる鶏の足/栗林千津

大綿のひとつ薄明界を占む/岸田稚

威銃早朝よりす筑紫の湯/高濱年尾

葉牡丹の座に薄明の筆硯/石原舟月

芭蕉忌の遠い薄明鯛の骨/中島斌雄

晩年といふ薄明の春の闇/西田孤影

海よりも濡れて薄明単線駅/松田進

薄明の霰と知るや胸に撒く/杉山岳陽

山毛欅林の奥薄明に冬を待つ/中拓夫

薄明に無数の手足初勤行/森田敬之介

彼岸此岸薄明を待つ暖め鳥/京武久美

愛なくて死ぬ薄明の山羊の顔/徳弘純

産声匂う薄明の藻へ傾く家/坪内稔典

殉教の島薄明に錆びゆく斧/金子兜太

蚕の村の薄明を水奔りすぐ/佐野美智

俳句例:21句目~

曼珠沙華は森の勲章薄明に/田川飛旅子

火の記憶牡丹をめぐる薄明に/加藤秋邨

花葱の薄明に泛びゆけり旅/千代田葛彦

糸吐きて蚕が薄明に隠れきる/野沢節子

糸吐きて蚕が薄明に隠れきる/野澤節子

薄明に妻着替へをり白露けふ/堀口星眠

薄明の岸辺卵を立ててみる/水野真由美

薄明の星さだかなり一葉忌/松澤白楊子

薄明の麦より兆す声を負ふ/水野真由美

薄明をおのがひかりとして辛夷/檜紀代

薄明をひざまづく母芹の水/磯貝碧蹄館

薄明界蝶は眼よりも翅信じ/橋本多佳子

元日の薄明すでに文鳥覚む/箱田みよし

雷鳥がゐて薄明の霧ながる/山上樹実雄

魂遊びゐる薄明の梨花の空/文挟夫佐恵

原宿早朝半壊ビルに蝶など来て/伊丹公子

思惟辿りつく薄明の黄コスモス/河合凱夫

シクラメン死は早朝に鳴り響く/夏石番矢

薄明のさくらを巡るひかりかな/中嶋鬼谷

白い牝牛の數藁を擦る薄明の門/赤尾兜子

俳句例:41句目~

薄明のレツドカードを手折りけり/岡田秀則

麻酔さめきし薄明のフリージア/倉部たかの

シヤンソンを聴く薄明の勿忘草/きくちつねこ

母に肖て薄明エトナの山の兀鷹を飼ふ/加藤郁乎

戦ひを終生にくみてをりし父八月十五日早朝に死す/外塚喬

彼岸へつづく薄明のなか/ああ蝶のさなぎが鳴いてゐる/松川洋子

タイトルとURLをコピーしました