明け暮れを使用した俳句

明け暮れに関連した俳句の例をまとめました。

スポンサーリンク

明け暮れを含む俳句例

明け暮れの炊煙夏を空しうす/原石鼎

機関庫のあけくれ苜蓿の雨/下村槐太

これよりは花の明け暮れ観世音/星野椿

七曜のなき明け暮れに寒雀/小松崎爽青

冬山やあけくれ通ふ背戸の納屋/原石鼎

母系家族は白のあけくれ油照/長谷川双

清貧のあけくれ同じ鵙なりや/横山房子

郭公の声のあけくれ吾子育つ/木村蕪城

あけくれに富貴を夢む風邪哉/前田普羅

あけくれの涛声菊も乱れ伏し/福田蓼汀

明け暮れを山見てすごす白絣/菊地一雄

松風に明け暮れの鐘撞いて/種田山頭火

あけくれや井水貰ひて年の暮/細川加賀

滴りや句に明け暮れて傘寿越ゆ/青木重行

紛争の明け暮れに焚く落葉かな/仙田洋子

七夕竹あけくれ雨の喪にこもる/角川源義

あけくれや独語に夏も深く過ぎ/斎藤空華

志野白し養花の天の明け暮れて/相生垣瓜人

明け暮れの机つめたく辛夷咲く/上野さち子

明け暮れの湖がつかみし空の澄み/河野南畦

俳句例:21句目~

炎昼の二児守ることに明け暮れし/伊藤敬子

愛林碑あけくれ怒濤新ちぢり/阿部みどり女

田舎医師の父のあけくれ煙草の花/石井哲夫

身に入むや窯とあけくれ窯太郎/鈴木真砂女

うみしろきあけくれ秋の風たちぬ/太田鴻村

鯖寄るやあけくれ黄ばむ能登の麦/前田普羅

明け暮れのさらさら過ぎぬ白障子/櫛原希伊子

明け暮れのひとりに夏の立ちにけり/渡辺桐花

老いほのぼの紅葉一樹の明け暮れに/吉野義子

きさらぎのあけくれ波の音ばかり/鈴木真砂女

冷害のあけくれ線路をまたぎゆく/永田耕一郎

あけくれの背に子をくくり秋立ちぬ/中山純子

振子のように明け暮れ麦飯と芋汁菜汁/橋本夢道

苗床の守りの明け暮れはじまりし/宮城きよなみ

あけくれの酒食に飽かず冬籠り/吉武月二郎句集

あけくれの布団重たし冬の蝿/『定本石橋秀野句文集』

借金ふゆるばかりのくらしの空が青いあけくれ/大橋裸木

タイトルとURLをコピーしました