女盛りを使用した俳句

女盛りに関連した俳句の例をまとめました。

スポンサーリンク

女盛りを含む俳句例

六十も女盛りや初鏡/矢野絢

厚司着て叱咤も女盛りかな/斎藤均

蕪はこぶ女盛りの紺絣/つじ加代子

蛍火を袂に入れて女盛り/鈴木鷹夫

雛段に女盛りの雛ばかり/三好潤子

河岸の焚火に女盛り過ぐ/友草寒月

几帳面に雪踏み女盛りかな/池田三郎

娘もすでに女盛りや百日紅/伊東宏晃

沈丁花女盛りにかほりけり/宮本緑山

湖風に女盛りのセル着たり/西本一都

雪柳さらりと女盛り過ぐ/高橋淡路女

羅や母とて女ざかり経し/上田五千石

か、仮に/女盛りの昼へ行く/坪内稔典

女盛りのマチ子と仰ぐ冬銀河/青木重行

毛皮被て女盛りを過ぎゐたり/本居三太

蛍追ふ六十路まだまだ女盛り/西尾幸子

うすものに月光を容れ女ざかり/檜紀代

芽柳に女ざかりを展げたり/長谷川栄子

黒穂抜き女ざかりを困りたる/後藤綾子

歯でむく栗むなしく女盛りすぎ/菖蒲あや

俳句例:21句目~

ほほづきに女盛りのかくれなし/河野多希女

タイトルとURLをコピーしました